FC2ブログ

遷移

自作詩
01 /09 2021
雲のなかの釘のながれを
ぼんやりと眺めていた
入れ替わろうとする血の幻を

猪が暴走する
家を購入しなければならない
ガスタンク直下がいいのかね?

手術で放置された腫瘍に潜む
すべすべした灯台
記憶の戸棚ががさがさ揺れる

黒い蝋燭をともして
そいつを馬鹿みたいに凝視する芝居
やってみた

手すりにつかまって
鉛と肉でできた板を踏み固めた
はみでる餅のような白いもの

悲鳴があがる
ピアノ線の組合せは
生き物にはついに成れず壁際で頓死

そそりたつ褐色の巌
旗印がある
入れ替わろうとする血の幻がある

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

seha

FC2ブログへようこそ!