大洋ボート

孔雀

 中国の都会に住む5人家族。その長男、二男、長女の3人の半生が描かれる。文化大革命が終わった、というナレーションが最初にあるように、1970年代の後半が出発点になっている。これは、ようやく政治的束縛の重苦しい雰囲気から解放された、新しい自由な時代がこれからはじまるのだ、と誰もが希望を持ったことを意味するのだろう。特に長女のチャン・チンチューにとってはそうだ。飛行機の爆音が聴こえてきて、その方向を追って駆け出すと落下傘部隊の訓練の最中で、複数の落下傘がゆったりした軌跡を描いて、野原に降りてくる。その中の一人の兵士と知り合いになったチャン・チンチューはさっそく落下傘部隊の女性兵士募集に応募するのだが⋯⋯。

 このころの中国の家庭は一様に貧しかったのだろう。またこの一家においては長男の知能がすこし遅れていて、それが一家の負担になっているし、父母が何かにつけて長男の心配をするのが、妹と弟にとっては嫉妬をつのらせておもしろくない。だから妹(チャン・チンチュー)と弟は脱出願望にさいなまれるほどになる。それはまた、当然のことだとこの映画はやさしく描くのだ。チャン・チンチューは結局は入隊を果たせずに終わるが、落下傘を自転車にくくり付けて街中を走りまわる光景はなんとも微笑ましい、またたくましい。これは軍隊への未練ではなく、希望の象徴として落下傘はあるので、代わりのものが見つけられれば「象徴」は捨てられる。そうして彼女はアコーディオンを弾く初老の男とめぐり会う⋯⋯。

 チャン・チンチューは線がやや細いのに対して、長男の俳優はなんともゆったりした雰囲気を出して映画をなごませてくれる。かなりの肥満体で、体の動きに独特の緩慢さがある。ああ、これは一家のお荷物なんだなあ、と一目でわからせる存在だ。人の良さそうな微笑を絶やすことがない。母にことさら可愛がられて、できそうにもない結婚話にまで引っぱっていかれる。その様子もおかしいし、自転車乗りの訓練を一家全員に助けてもらってする光景も、何回も失敗して転んでしまい、おかしいうえに悲惨さがにじみでてくる。そして勤め先では案の定、いじめに会う。けれどおそろしいほど無抵抗だ。困惑のなかに微笑を保とうとする意思さえ感じられる。ふがいないのではなく、これは彼なりの不屈を示す選択かもしれないなどと考えてしまう。しかしまた、こういう彼の姿勢がつぎつぎにいじめを誘発してしまう結果になるのだろう。つまり私はいじめの快感をここでは思い出さずにはいられなかった。しかし大人になってからの彼は、かつて彼をいじめた職場の仲間にものすごい所を見せつけて、あっ気に取らせる。彼独特のやり方で、まったく無意識にやってしまうものだから、ここでも私は驚かされた。具体的には書かないが、長男の人柄の良さ、純朴さがよく表現された場面だ。それもほんの短い映像で示される。

 監督のクー・チャンウェイは監督としては初めての作品になるらしいが、チャン・イーモウなどの作品にカメラマンとして参加した経歴があるので、ベテランといってもいいのかもしれない。長まわしによるカメラの移動はまったくの自然体だ。風景の全体をゆっくり噛みしめるように、鑑賞者は味わうことができる。映像の連関性が、その対比と類似が大事にされていて、重要なことはすべて映像によって理解できる仕組みになっている。先ほど長男を例にして少し書いたが、他にもふんだんにある。例えば、チャン・チンチューがあこがれた落下傘に対応させるかのように、ラストのシーンでは動物園の孔雀が固定したカメラで映される。離ればなれになった一家が集まる機会があって、動物園を訪れた時のことだ。これは「希望」が青臭い過去のものになったのではなく、現実の生活とは一見とおいように見えながら、一家を、そして人々を照らし出す存在にまで高まった、むしろ「希望」に着実に近づいている、落着きの中でそういう位置を占めるに至った、ということを示す映像だろう。孔雀の羽は普段は閉じている。今に開くかな、と私はちょっと固唾をのんで見てしまった。

 それに、中国の都会生活の様子がたいへんわかりやすく撮られている。マンションともいえない高層住宅では、暑い季節、それぞれの家族が食卓を通路に出して食事をする。これは今の日本では考えられない風景だが、冷房のないところではいまだにつづいていると思われる。さらに、石造りの家や塀に囲まれた路地を疾走する自転車。これも中国だ。美しいとも思えないが、作り手の町のたたずまいへの愛着を感じさせるところだ。瓶の洗浄をする工場ではオートメーションの機械ではなく、一本一本をチャン・チンチューなどの女工が洗うのだ。(現在はともかく、70~80年代ではこうであっただろう)中国映画の美質は、日常性にどっしりと視座をすえて入り込んでいくところにある。日常性のなかに非日常性を垣間見せながらも再び日常性にもどってくる。その途方もないくらいの執着を感じさせるところにある。この映画もそのすぐれた一本として列に加わった。またクー・チャンウェイという頼もしい担い手が加わった。この監督は、対象に対して冷静さとやさしさと愛情を併せ持っている。

関連記事
スポンサーサイト
    22:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/87-f5ac9647
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク