FC2ブログ

吉村昭『ポーツマスの旗』

>吉村昭
03 /29 2020
  日露戦争終結後、外相小村寿太郎は全権となって講和条約締結のためにアメリカのポーツマスにおもむきロシア全権のウィッテとの交渉に臨んだ。その一部始終を中心とした小村の苦闘が描かれる。
  条約の中身についてはネット上にWikipediaその他で解説されているのでここでは全てをくりかえさないが、日本の要求する十二項目のうち大部分はロシア側に受け入れられた。韓国をロシアの影響を排して日本の保護下に置くことや、ロシアの清国内租借地の遼東半島旅順やロシア所有の東清鉄道南満州支線のおよそ南半分の日本への譲渡という重要要求がかちとられた。これによって朝鮮半島と満州地域でのロシアの支配と影響を排除することができた。上々の戦果であろう。のこった二項目が賠償金支払いとすでに日本の占領下にあった樺太(現サハリン)全土の日本への譲渡であったが、ロシア側は皇帝ニコライ二世や戦争継続派の強固な姿勢のため頑なに拒否しつづけた。もはや交渉を打ち切って戦を再開するしかないかと小村は想定し、闘志をふたたび奮い立たせつつ、本土の桂首相以下の決定を仰いだが、本土ではさらなる財政負担や戦況判断などによって、以降の戦争継続にたいへん悲観的で、二項目要求をとりさげてでも締結するよう小村に指示した。小村も残念ながらそうするよりないとあきらめていたところ、皇帝の方針変換によってロシア側から樺太南半分を譲渡する旨の回答があった。ロシアの悲観派の意見や大衆の広範な反政府デモによる国内政治情勢の不安定、さらにはアメリカ大統領やドイツ皇帝による意見具申がロシア皇帝に影響したものとされる。交渉のはじまりから結末までの過程に息詰まるものがある。
  小村寿太郎はロシアの譲歩によって条約締結にこぎつけることができた。胸を撫でおろしたのだろうか。だがあらたな苦難が本土日本で待ち受けていたのである。二項目要求を貫徹できなかった小村を新聞ははげしく非難し、その影響もあってか「東京騒擾事件」と本書で呼ばれる大衆による大規模な暴動が起こった。日比谷公園での条約締結反対派の集会にはじまり、派出所や警察署が襲撃され放火される個所もあった。警官だけでは押さえきれずに軍隊まで出動するありさまだった。小村の留守をあずかる家族の住む外相官邸も例外ではなく襲撃の憂き目に遭い、小村は国賊呼ばわりされた。
  小村の活躍ぶりは以後も記される。一気に大国にのしあがった日本を警戒するアメリカとの親善に注力する一方では、伊藤博文などと連携して韓国、清国への圧力を着実に強化していく……。
  先にも記したが、わたしが知らないだけで、ほとんどはこれまで知られていることだろう。特色といえば小村と随行団の一行の横浜出航にはじまって十二日後のアメリカ到着、シアトル、ワシントン、それに最終目的地のポーツマスなどの町の風景や交通手段の描写が結構念入りにされていることだ。戦争終結を願うのだろう市民の日本の外交団へ歓迎ぶりも見落とせない。そこかしこで日の丸旗がふられ、読んでいて思わずうれしくなる。交渉会場となったアメリカ海軍工廠や宿泊ホテルでの小村以外の人物の動きも事細かに追われる。やや退屈ではあるが、また百年以上前の出来事でありながら臨場感をあたえてくれる。小村一行とともに旅をしているような。
  満州事変以降の日本の歩みとはちがって桂や小村以下、このときの政・軍中央は戦の行く末について冷静な判断を下すことができ一致団結できた。やみくもに戦争継続を主張する陸軍を政治家がもてあますという体ではなく、吉村昭も当時のこうした国家中央のありように好感を抱きながら書き進めたのではないか。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

seha

FC2ブログへようこそ!