FC2ブログ

メーテルリンク『青い鳥』

小説・エッセイ・戯曲
11 /24 2019
  童話そのものの戯曲で、チルチルとミチルの幼い兄妹が「青い鳥」を見つけるために夢の中へとさまよいこむという話。青い鳥は見つけられても地上には持ち帰ることはできない。その代わりに「愛他精神」を無意識裡にふっくらと心地よく授けられて終わる。兄妹は幸福な気分に満たされ、それに奇跡のように夢から覚めてのち一瞬だがチルチルの飼っているキジバトが「青い鳥」に変身する場面がある。
  兄妹は小学生低学年くらいの年齢だろうか。それくらいの歳の子供の「感動」をわたしはいまひとつ共有することができず、ぼんやりした印象を多分に拭えなかった。また第三幕以下の「夜の御殿」「森」「墓地」など意味として理解しようとすれば意外に容易ではなく、再読をかさねた。もっとも夢の世界だから細部の全体が脈絡において緊密につながっているともいえない気もするが。
  クリスマスイブの夜、チルチルミチルは隣の家を窓からのぞきこむ。ツリーが飾られ、馬車がやってきて子供たちが何人も降り、家の中ではテーブルにお菓子がおかれていて、子供たちは好きなだけ食べることができる。一方、兄妹にはサンタはやってこない。つまりひもじさを兄妹は堪えているのだ。そこへ隣のおばさんが訪ねてきて、子供の病気を治すために「青い鳥」をゆずってくれと頼む。だがキジバトは「青い鳥」ではない。そこからが夢の始まりである。おばさんは妖女に変身して、二人に青い鳥を捕ってきてもらうために夢の世界にいざなう。
  「青い鳥」にはお菓子を食べたいという子供個人の欲望を満たすためと、隣のおばさんの子供の病気を治すという人助けのためのふたつの役割がここでは重ねられていて、チルチルもそれを知るようだが、夢に同伴する「ネコ」や夢の中のさまざまな樹木にとっては人間の文明の破壊力として捉えられる。「青い鳥」は自然界の秘密を全面的に人間に教えるもので、それを地上にもちかえられると自然界は人間によってさらに破壊の爪を深く突き刺されることになる。ネコは夢のさらに裏の世界を知っているという風で、人間(チルチル)になつくようなふりを普段はする陰謀家であり、そのために人間に先頭に立って盲従するイヌとともすれば喧嘩をする。ネコや樹木のそうした世界観がこの戯曲の中で「正しさ」として位置づけられているのかは不明で、またチルチルはその世界観を知ることもない。だが夢の世界は子供にやさしい。樹木や獣が二人を殺そうとはするが、どの樹木もためらう。チルチルは獣とナイフをもって格闘するが、妖女から授けられたダイヤモンドを回して危機を逃れる。(ダイヤモンドは場面転換の道具であって、それで即「青い鳥」をみつけられるのではない)
  夢の中にも兄妹のおかあさんが「母の愛」として登場してくる。兄妹には普段見る母よりもより美しく見えてふたりは感動する。「母の愛」はふたりがキスしてくれたりこちらからしてやったりするだけで感動の涙で満たされると言う。〈母親の愛は、いつだって一番美しい喜びなんだよ。〉前後するが「幸福」の精とも対面し、チルチルが「幸福」を知らないというと、「幸福」は自分たちはあなたの家中に満ち溢れていると言ってその他大勢の「幸福」に愉快そうに笑われる。「愛」「正義」「善良」などを糧にして過ごせば幸福はおのずからやってくると言いたげだが、母がきれいに見えるというのはしっかりとした感覚であり、「愛」以下は観念である。感覚が先んじて付与されているのだから道徳的説教ではなく、感覚で身をもって納得させられるのだから「ああ、これが愛というものだ」くらいに自然に受け入れられる。また観念の言葉も未知なままの子供にとっては新鮮に映るのかもしれない。
  「光」が漏らす人間界はいつか終わるという終末論。これはハッとさせられるが、勿論兄妹にはわからないだろう。はるかとおくを見据える宗教観が作者によって短く吐露されているのか。しかし、その「光」が案内する、まだ生まれない子供たちが大挙して住む「未来の王国」はうつくしい。まさにこの世のものとは思えない青々とした光に満ちていて、わたしに強い印象をもたらしてくれた。
  「火」「水」「砂糖」「パン」など家のなかにある身近な品々も兄妹の夢に同伴して、にぎやかな言い争いを繰り広げるが、このあたりがわたしが付いていけなかった部分と記しておこう。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

また訪問させていただきます。

seha

FC2ブログへようこそ!