FC2ブログ

大洋ボート

窓二つ

眩い白い帆が
薄情さをたっぷり籠めて姿を消した夜
あの部屋の窓には
何も無かった
今さら思いだしてみても
何も無かった
闇さえ無かったとは云わないが
観察はしなかった
視界の端によぎっていたに過ぎず
何やらごそごそ動きまわっていた
腫れものみたいな置物を
誰彼なく渡し合うバトンリレーみたいだった
窓枠に両手を掛けて外部から
いやらしく覗きこむ眼など無かった
硬い石の眼など無かった
それをあえて捏造しようとしたのは以後のわたしだが
幻像のガラクタだけが残った
窓とは無関係に
すっかり忘れてしまった
今宵のわたしの部屋の窓も同じ
埃がうっすら積もっている


関連記事
スポンサーサイト
    11:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/817-e3f3d266
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク