大洋ボート

ブラッド・ダイヤモンド

 1999年の西アフリカはシエラレオネ。政府軍と反政府軍RUFとの間で激烈な内戦の真っ最中。そんななかへ、武器とダイヤモンドの密輸ブローカーのレオナルド・ディカプリオは単身で赴く。商談は成功するが、リベリアへの国境越えの際に政府軍の警備隊にあえなく捕獲される。一方、現地住民のジャイモン・フンスーはRUFの襲撃に遭遇し、一命をとりとめたものの、一家離散の憂き目に遇う。やがて二人は刑務所で出会い、ディカプリオはフンスーの大型ダイヤを隠し持っているという噂を耳にして、釈放後に彼に接近する。

 ダイヤ獲得に並々ならぬ執念を燃やすディカプリオの前半の演技は、すっきりしていてわかりやすい。フンスーの面倒をみたり、身をもって助けたり、ジャーナリストのジェニファー・コネリーや傭兵部隊の協力をえて彼の家族をさがしたりとの大奮闘も、ダイヤ欲しさからくるのだろうと納得できる。だがその行動は、いつの間にか自己犠牲も厭わないほどのフンスーを助けるためのものに変容する。善人でも悪人でもないひとかどの商売人が、善人に変貌するのだ。ディカプリオが主演した『タイタニック』と同様な行動ぶりだ。この変貌が腑に落ちない。なんだか演技的に無理をしているように見える。したがって、後半の彼の演技は濁ってしまった印象がある。

 ジャイモン・フンスーにとっては、ディカプリオの援助は渡りに船だろう。現地人は自己を助けてくれる先進国人に従順なのかもしれない。この場合はRUFはフンスーにとってディカプリオが出現する以前から恨むべき集団なのだが。だがアフリカ人にとっては友好関係にある先進国人の敵の先進国人は、そして敵の先進国人にあやつられた現地人の集団は、必然的に敵となってしまうものだろうか。そうだとすれば内戦劇は、そういう現地人の敵対意識にもあおられることにもなるのだろう。瑣末な部分の推測だが。

 ダイヤの売買は先進国においては自由競争だろう。資本主義だから競争がたてまえだし、制度としてそれは維持しなければならないのだろう。だが先進国圏内での業者間の競争が、資源のある途上国に持ちこまれると血みどろの争いに発展しかねない。Aというダイヤをあつかう会社が途上国政府を援助すれば、B会社は反政府勢力に援助の手をさしのべてA社の独占を切り崩そうとする。(当然、ディカプリオのようなブローカーも暗躍するだろう)十分に考えられることだ。映画では、ベルギーのダイヤシンジケートがダイヤ価格の下落を食い止めるため「RUFにダイヤをばらまかせない」とのディカプリオによる指摘があった。政府軍や傭兵を使ってRUFを軍事的に弱体化させようという意味だろう。つまりは先進国圏内での自由競争を維持しつつも、より平和的な資源国に対する共通のルール作りがなされなければ、事態は改善されないのではないか。ダイヤは奢侈品ではあるが、先進資本主義にとっては深く浸透していて、不買運動などによっては排斥することができないものである。途上国にとっても重要な外貨獲得品で、環境破壊のような問題がないかぎりは秩序ある輸出は必要不可欠だろう。

 大音響による銃撃戦のドンパチも、後半になると飽きてくる。

関連記事
スポンサーサイト
    23:05 | Trackback : 2 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/76-866c8fbb
「ブラッド・ダイヤモンド」★★★★☆見ごたえアリ、オススメ!レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー主演エドワード・ズウィック監督、2006年アメリカ舞台は90年代、内戦中のアフリカのシエラレオネ。政府軍とゲリラが戦うが政府軍とゲリ... 2007.04.21 21:42
監督 エドワード・ズウィック 出演 レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー レオナルド・ディカプリオはあいかわらず透明感がある。彼の演技を見ていると、いつも、その透明感の向こうに自分のこころが見るような錯覚に陥る。たとえば 2007.04.17 10:14
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク