大洋ボート

ハクソー・リッジ

  映画における映像が、つくられる度ごとに創造性を加味されてどんどん深化していく、そんなことを実感させられた。とりわけアメリカ軍と日本軍の至近距離にもみえる泥沼的な銃撃戦に目をうばわれた。銃弾の貫通を受けたアメリカ兵の身体が舞い上がり、後方に飛ばされる。その間スローモーションに切り換わり、血しぶきがはげしく四散する、手足がぶっ飛ぶ。別の場面では胴や首が飛ぶこともある。銃撃を受けた人間の身体的動きが、スローモーションは除外するとして、実際にこんなものなのかは疑念が生じないでもない。おそろしいまでに派手で、見世物的で、はなばなしさすら感じざるを得ない。残酷であることは勿論だが、目を背けたい気にはならず、もっとやってくれと念じる心が生じてしまっている。それに十二分に応えるだけの戦闘シーンがバラエティ豊富にこれでもかこれでもかと連続的に炸裂する。
  映像は出来事を再現するにしても、その身体の動きまでも実際の動きに忠実でなくてもよく、いかに斬新さを加えて観客に刺激を与えつづけることができるかという問題意識が、この映画の戦闘シーンには貫かれていて、見事に成功している。
  細部までこの映画のとおりではないのかもしれないが、兵員数と武器・兵器の性能で見劣りする日本軍の、なんとも言葉が見つからないくらいの頑強な抵抗にも震えを覚えた。ああ、もうこれでやっと戦闘がおわるのだなという安堵感を覚える場面がある。具体的には記さないが、誰が見てもそう思える場面にちがいないのだが、そこからまた日本軍は決死の抵抗を敢行する。現在の価値観からすると捕虜となって生きのびるほうを、大多数の日本人はえらぶのかもしれないが、当時の価値観ではそうではなかったということだろう。わたしは戦争反対の立場だが、それは抜きにして、何代か前の日本人はとにかく物凄かったのである。
  人間劇にはそれほど興味がわかなかったが、ただ「良心的兵役拒否」が許されるというアメリカの法規は覚えておくべきだろう。キリスト教の少数宗派にアメリカ国家は寛大であるらしい。主人公は銃を持つことを拒否する衛生兵だが「良心的兵役拒否」に準ずる立場として認容されたようだ。(それもイデオロギー一辺倒ではなく、子供期から青年期にいたる体験から受けた主人公の内省が支えとなっているものとして描かれる)それに比べて当時の日本人はどうだったのだろうか。例外の許されない天皇教一色か。
  ★★★★
http://hacksawridge.jp
  
関連記事
スポンサーサイト
    10:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/749-79b18e5f
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク