大洋ボート

サン・ジャックへの道

 中年の男二人、女一人の三兄妹の母が死んだ。遺産相続の話になるが、遺言状管理者によるとキリスト教の聖地であるスペインのサンティアゴへの巡礼が条件だと言う。つまりフランスの某都市からその地まで歩きっぱなしの旅をしなければならないのだ。遺産なんていらない、体調がすぐれない、など三人はしぶるが遺言とあっては無下に断るわけにもいかず、しぶしぶながら巡礼に参加することになる。ガイドのもとには他の参加者も加わり計九人の旅がはじまる。アラブ系の青年二人、若い女性二人、中年女性一人である。

 この映画を救っているのは行く先々での風景である。うつくしい風景ばかりではない。砂漠に近い地もあれば、収穫が終わって枯れ枝ばかりで無惨に見える畑もある。だが羊の群れがのんびりと草を食んでいたりすると、ほっとする。また豊かな水量を誇る小川が両岸の濃い緑の並木とともに出現すると見惚れてしまう。私が巡礼に参加しているわけでもないのに巡礼はいいなあと、感嘆してしまう。風景はやはり豊かな水と緑がなければいいとはいえないのだろう。

 旅の期間中、当然知り合った者同士の交流ができる。若い人の間で恋が芽生えたり、女教師はフランス語を知らないアラブ人青年に教えてやったりと。飲んべえでだらしがないくせに不思議ともてる男がいたりする。だが全員に共通するのは、疲労困憊しながらも歩くことにしだいに充実感を覚えて自信を持つにいたることだろう。それによって団結も自然に生まれてくる。さらに人間関係も深まるという好循環ができあがる。風景とともにもうひとついい場面は、彼等が心地よい疲れのもと、睡眠のなかで夢を見るところだろう。動物のかぶり物をした人々が出現したり、黒ずくめでベールをした憂鬱そうな婦人(アラブ青年の母だろう)が馬に変身して優雅に駆けていったりと、ファンタスティックだ。いい意味で身体からスーッと力が抜ける。いい旅だからいい夢も見るのだろうなあ、と納得できる。反面、やはり人間は変わりえないものでもある。先ほど書いた酒好きで女好きの男は、その性分は相変わらずだし、男をすんなり受け入れる女も以前からそうなのだろうなあ、と推測させる。彼等自身がそういう面では、あえて変わらなくてもよいとたかをくくるからだろう。巡礼による健康志向、よき思い出作りもおのずから限界がある、ということだろうか。また、映画としての難を言えば、前半の人間劇の部分がセリフが多く、煩雑なところだろうか。

 宿が満員のときは教会の門をたたく。牧師は粗末な部屋しか空いていなくても受け入れなければならないらしい。また巡礼者はそれをアテにする。そうやって旅はつづけられるのだなあ、と知った。宗教上の理由でメムバーのある部分を排除しようとした神父?もいたが。

関連記事
スポンサーサイト
    00:07 | Trackback : 9 | Comment : 5 | Top
Comment
2008.01.27 Sun 22:06  |  seha #-
Kimionn20002000さん、
コメントありがとうございます。
申し訳ないが、この映画を忘れかけていて、
まともな応答ができません。

夢の映像にしても、それほど強い印象のものではなかった気がします。
>夢  [URL] [Edit]
TBありがとう。
夢のシーンが面白かったですね。
前半の方は、やはり、自分の不安やストレスが象徴化されて出てくるんだけど、後半ではそれを克服するような意味合いの夢であったような気がします。
夢  [URL] [Edit]
2007.10.20 Sat 02:29  |  seha #-
>maruさん、TBありがとうございました。
この映画、みたときはおもしろい気がしましたが、
今ふりかえると、そうでもないかなあ、ともおもったりもします。
ちょっとお気楽過ぎはしないか、ということです。

機会があれば再見して確かめてみたいです。
ようこそ  [URL] [Edit]
2007.04.06 Fri 23:01  |  seha #-
TB、コメントありがとうございました。
草原で裸の男女が向き合って横たわっているところが、短い時間ですが、何回か挿入されました。呑んべえで女好きの男の幻想でしょうが、今ふりかえると相手の中年女やガイドの男のの幻想でもあるかもしれない。記憶は定かではないが。

>登場人物が持つ、それぞれの素地や性格や悩み、映画の冒頭では「わからんちんなヤツ」という印象が、観ている方も「なんだ、いいヤツじゃないか」と見方が変化していったように思います。楽しい映画でした。

同感です。
あかん隊さん  [URL] [Edit]
2007.04.06 Fri 02:02  |  あかん隊 #t50BOgd.
TBありがとうございます。
巡礼路の風景は、本当に素晴らしかったですね。コンポステーラでのボタフメイロ(巨大な香炉をぐるぐる回す儀式)は、常時行っているわけではないそうですが、圧巻でした。長い旅の果てに、この儀式…感慨もひとしおだろうと思います。
登場人物が持つ、それぞれの素地や性格や悩み、映画の冒頭では「わからんちんなヤツ」という印象が、観ている方も「なんだ、いいヤツじゃないか」と見方が変化していったように思います。楽しい映画でした。
巡礼路の風景  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/73-7ebccde4
キリスト教の聖地サンティアゴへの巡礼の道のりを、ひょんなことからともに旅するはめになった男女9人の心の交流を描くヒューマンドラマ。それぞれに問題を抱えた登場人物たちが、一緒に歩くことで自身を見つめ再生してゆく姿を、『女はみんな生きている』のコリーヌ・セ 2008.01.15 13:43
今回紹介する作品は、『サン・ジャックへの道』です。 まずは映画のストーリーから・・ 亡き母親の遺産を相続するため、1500kmもの巡礼路を一緒に歩くことになった険悪な3兄弟。 ほかにも失読症を直して大好きな母親に喜んでもらいたい少年や、ワケありな女性など個 2007.12.06 00:48
2005年 フランス 2007年3月公開 評価:★★★★☆ 原題:Saint J 2007.10.26 13:02
'07.10.06 『サン・ジャックへの道』@ギンレイホールTRAVEL CAFEを思いのほか早く出なくてはならくなったので、ギンレイホールへ行ってみる。ここは年々姿を消してく「名画座」を残そう頑張っている映画館。狭いロビーにも劇場内にもレトロ感があっていい。すでに公開... 2007.10.19 00:14
「下高井戸シネマ」で、映画「サン・ジャックへの道」を観ました。案内には以下のようにありました。無神論者の上に歩くことなど大嫌い、仲も険悪な兄姉弟たちが、母親の遺産を相続するため、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで1500キロの巡礼路を歩くこと 2007.07.29 10:21
 キリスト教の聖地サンティアゴ・デコンポステーラまで1500kmもの巡礼路を、仲の良くない兄弟3人が一緒に歩くことになった。何とその巡礼は親が残した遺産相続の条件なのだ無神論者の上、歩く事なんて、大嫌いその上険悪な兄姉弟が、物欲のを燃やしながら、遥かなる 2007.06.09 19:40
サン・ジャックへの道 (2007/4/6 シネスイッチ銀座)「皆と一緒に行きたい」(原題:Saint Jacques...La Mecque)「夜ピク 」お遍路さんバージョン!!!不仲どころかとっくみ合いのケンカをしたり、聖地への巡礼なのにお酒飲んだりと困った3兄弟、ワケありの女 2007.04.10 16:23
コリーヌ・セロー監督いわく、ここに描かれるのは"消費や欲望の機械と化した現代人が人間性を回復する過程"人間はこの二本足で歩いてこそなのだ。キリスト教の聖地スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの1500kmの巡礼路。遺産相続の条件として、仲の悪い 2007.04.09 12:55
ブログで知り合った「映画通」のお三方とご一緒できた。嬉しいかぎり。 映画ときちん 2007.04.06 02:06
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク