大洋ボート

怒り

  広瀬すずがボーイフレンドに誘われて、沖縄の無人島を訪れる。南国らしい風光明美さがのこされた地で、そこには放浪者の森山未來がいる。廃墟を利用して、不定期に寝泊りしているらしい。森山に興味を抱いた広瀬が遠慮がちに声をかける。この冒頭部分を過ぎたあたりの部分に惹かれた。
  人が出会いをもとめて新たな人に近づく。寂しさが最初の動機かもしれないが、いい人、付き合いをつづけたい人だと双方が思えば友人関係が形成でき、さらには家族にさえなれるかもしれない。そこまで行ってしまえる確信を最初から抱くことは勿論できないにしても、まずは近づいてみる。その際のセリフの「間」が魅力的だ。特に用事があるわけでもないのに初対面の人に声をかける。遠慮しながら、何を言おうかと頭をめぐらす。また言うことが決まってもそれをためらい無しに口に出していいものか、とも迷ったりする。そういうときには言葉はすらすら出てこずに淀む。だが好意は少しずつ形成される。そこに介在する言葉と言葉のあいだに生じる「間」という沈黙。これが実に生き生きとして魅せられた。あっ、こういうことがあったなと、わたしもとおざかってしまった若い時代を想わずにはいられなかった。
  広瀬すずのボーイフレンドは同年代らしいが、広瀬の視線をとおすと子供子供したところが残って、ちょっと頼りなく見えなくもなく、広瀬が飽き足りない気持ちを抱くのかもしれないというところまで伝わる気がした。比較すると、森山未來は素性が知れないうえ、うす汚いが、生活力旺盛で明るく、親切にみえる……。それに無人島の上空を、轟音を響かせて飛翔する米軍ジェット機は、やがて明らかになり、無人島の三人に深い傷を刻み込む米軍基地に占領された沖縄の現実をも暗示する。
  渡辺謙が、家出して風俗業に身を投じた娘の宮崎あおいを自宅に連れ戻す。水産業をなりわいとする海辺の町で、渡辺の営む会社にはアルバイト従業員の松山ケンイチがいて、宮崎は早すぎると思えるほどに松山に近づく。渡辺の危惧が図星になったように。妻夫木聡は歓楽街のゲイのたむろする店で綾野剛に目をつけ、強引に関係をもったあと自宅に連れて帰る。この二つの人間関係にも先に記したセリフの「間」が引き継がれる。そしてしだいに「間」はつめられていき、映画は疾走状態に入る。広瀬も宮崎も妻夫木も片親しかいないらしく、何かしら欠損感を抱くようで、そこは説明ははぶかれているようだが、映画だから、感覚が伝わればいいのだ。広瀬は無垢だが、宮崎も妻夫木も先を急ぎ過ぎる。そこは少し異常で、カッコ悪さが美男美女にもかかわらず浮き上がってくる。また松山ケンイチと綾野剛はうつむき加減で無口だ。渡辺謙もふくめて、主な」登場人物全員が闇を抱え込んでいる。この空気がよく表現されていると思った。さらには、整形して逃亡中の殺人犯の話題がテレビで報じられて、森山・松山・綾野に似た顔であることがわかって、妻夫木や宮崎を戦慄させる……。(そのニュースを伝えるテレビのキャスター役が赤絵珠緒で、この淀みない語り口が、記した広瀬らのセリフの「間」とたいへん対照的で、「間」をさらに印象付ける)
  渡辺謙が最初から悲観的な表情と語り口で、不自然さを感じさせたが、彼は娘の宮崎のみならず、映画全体の主たる登場人物と空気を想い、代表しているのではないかと思い直した。渡辺謙が主役であれば、それにふさわしい演技だろう。李相白監督の指導もあってか、俳優のほとんどが演技巧者で、力強さもあり、見応えがあった。
  つけくわえると、森山未來が同じような造りの戸建が林立する区画にいって、道に迷って途方にくれる場面。これもわたしの若い日を思い出させた。家は多くあるものの人の気配がまるでなく、尋ねる人もいなくて、訪問先に行き着けないままに引き返したことがある。、あれだけ多くの家があって人の気配がないのが、無気味でさえあった。     
 ★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    12:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/705-5ba52849
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク