大洋ボート

断片

  自己とは何か。環境や他者との関係性によって、おのずからその内容は決定づけられる。人は純粋に孤立したまま生を持続させることはできないので、何らかの職業に就いて社会や他人の役に立つことによって、報酬をえて、それを消費に振り向けることによって生を営む存在だ。だから同じ職場の同じ部署に就いているAという人とBという人がいた場合、しかも性別も年齢も同じならば、第三者の目からすれば、それほどの差異はないといえる。立ち入れば外見やら性格やらその他の差異が見出されようが、そこまでする必要がない場合もある。社会的存在によってふりわけるならば、AとBはまったく同じ立ち位置にある。だがわたしがAであったとすれば、わたしはBとはまったく異なる人間であることは自明だ。たとえば、わたしAは欲望やわたしに固有な観念にもとづいて、自らをいかなる行動に赴かせようかと空想し考える。逆にいえば、行動につく以前の自己を、弓を引き絞るようにして眺望している。行動が実現に至らなかったとしても、だ。無限ではないにしても、わたしは自己にたいする決定や変更の余地を自由として有しているということだ。社会的ふりわけによって、わたしAはBとほとんど差異がないということを十分に知っている。にもかかわらず、わたしAはBもまた当然内包するであろう自己には、わたしがわたしAの自己に関わるようには絶対的に関われない。たとえBがBなる自己を言葉によってわたしAに表白したとしてもだ。触発されることがあってもなくてもだ。Bなる自己は、わたしAの自己とはその距離感や手触りの奇妙さ、また価値観の相違以前にそのかかわりあいにおいて、所有意識において根本的にちがうのだ。つまり自己というものは、わたしAが自己なるAを意識する時間のなかにしかない。外側からみてもその存在は見つけられず、Aという区分のみが抽出されるのみだ。

  特定の社会的対象やら人やらにたいして、わたしは想像し、空想する。関係性を構築してそこに定住するように不動のものにしようとするのか、それとも破壊しようとするのか。指一本触れないことを前提とするならば、どんな想像も空想もまったく自由であり、罪もない。行動に着手しないならば何も変わらない。わたしは依然として同じ職業に従事するAのままである。だがわたしは想像と空想にこだわり惑溺する。何故か、「想像と空想」それ自体をわたしが好むからかもしれない。弱気で意気地なしかもしれない。また現前する社会やら人やらとは直接は無関係なわたしの過去の行動をとらえ返そうとしてなかなか居心地のいい解答を出せないからかもしれない。色々あるだろうが、自然に生起するままの自己にたいしては、正直さは認めつつも不満であり、わからないとしか応じられない。言葉を使って断定し、発現させることができない。行動は萌芽と断片のままで、くだらないこともあり、そうではないことも展望されるのであろうが、不毛といえば不毛だ。わたしはそういう非力で非行動な自己を意識する。そこにはひねくれた自己満足もあるのか。
  ひとつとして同じ「想像と空想」はない。同質と言えないことはないが、微細には少しずつ変成していく。均質な同一性に人は退屈を覚えて飽き足らなくなるからであり、またその間、実際に退屈三昧を十分に浴びてしまっている。「特定の社会的対象と人」もまた「想像と空想」のなかで微細に変化し、その固有性が痕跡をのこしつつもしだいに溶解する。固定した「特定の社会的対象と人」はそれ自体として依然として自己の外側に存在しつづけるが、それとは別個に、社会性という自己以外の外側の領域から自己内に、自己に適合するように変成する。つまりは二重化される。自己にとっては居心地のよさを「想像と空想」が獲得する過程である。何もしなくてよいのかという自己への詰問は衰え、むしろそういう「想像と空想」に惑溺する自己をわたしは無意識に擁護し、また逆に赤面する。そういうわたしとは何なのか、執拗に意識せずにはいられない。惑溺する時間帯に入ってしまったわたしもまたぼんやりした輪郭をもった特定の自己をえて、変成してしまっているのだ。そういう自己になにやら薄気味悪さを覚えてしまうのは、もう少し時間が経過してからだ。
関連記事
スポンサーサイト
    13:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/695-b9d817be
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク