大洋ボート

ドリームガールズ

 アカデミー助演女優賞を獲得したジェニファー・ハドソンの歌声が素晴らしい。情熱的に訴えかける。これだけで自然に泣けてくる。うるうる、なんていう言葉があるがまさしくそうだ。胸が熱くなる。

 彼女は女性ボーカルグループ三人組ドリームガールズのメムバー。R&Bのソロ歌手エディ・マーフィのバックコーラスからデビューして人気を得て、またたくまに頂点にのぼりつめる。だが彼女は歌では自分が一番うまいと思っているのに、レコード会社社長のジェイミー・フォックスはリードボーカルにビヨンセ・ノウルズを指名した。人気の中心はビヨンセ・ノウルズで、ジェニファー・ハドソンは耐えられない。ミュージカルだから彼女の不満や寂しさ、要求が歌声となって、ジェイミー・フォックスはじめグループやスタッフなどにぶつけられる。訴えが渾身からのものであることが豊かな声量で表現されて鑑賞者に力強く伝わってくる。歌によって鬱積していたものが一気に解放されてはじける。歌うことによってもっとも力強くしかも正確に伝わる、そういう彼女の確信も同時に伝わってくる。私の気持ちはこうだ、要求はこうだ、わかってほしい。聴かされる出演者も、真摯に、しかも平常心をうしなうことなく耳を傾ける。だが同情を示しつつも結局は相手は折れてくれない。それでも彼女はめげずに歌いつづける。直接的にはそれは信念を曲げない、曲げようがない、ということだが、歌うこと自体の素晴らしさの訴えであり、歌に一番近い人間は私だ、ということではないか。

 ジェイミー・フォックスもいい。ドリームガールズの売り出しのため、会社の発展のため彼は知恵をしぼる、熱を上げる。ついてこない者や反逆者、落伍者は容赦なく排除する、馘にする。そうして最短距離をひた走る。まさに鋼(はがね)の意志を体現する。そして彼みずからが歌う場面もあるが、むしろ歌の聴き役として冷静かつ受容力をもった人物としての表現がひかる。ホールに集まった観衆が歌手の歌声とダンスに我を忘れて熱狂する。映画を見る私たちもまた、出演者たちの歌手としての、そして歌手という職業を離れた生活面での歌声とダンス、その両方に揺さぶられ陶然となる。だが彼だけがそういう熱狂の全体を吸い寄せて跳ね返すことのない磁場のようにふるまう。歌の興奮を冷ますのではなくて、興奮を相手に心おきなく表現させるために釣り合いをとっている、そんな風に見える。鋼の意志と私が表現した役柄上からも必然のことだが、それがジェニファー・ハドソンはじめ出演者の歌声をかえって盛り立てる役割をも果たしている。

 はじめから終わりまで歌、歌、歌。歌うことによって喜びはより大きくなる。自由を謳歌する時間を味わえる。悲しみは歌うことによってはとりのぞかれはしないが、より透明になって、特定の個人を越えて全体に響きわたる。そして歌がこの世にあるということの素晴らしさ。


関連記事
スポンサーサイト
    00:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/69-404f9cff
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク