大洋ボート

片山杜秀『未完のファシズム』



  日本陸軍の軍事思想の紹介と考察の書で、この方面には無知同様のわたしには啓発されるところがあった。
  第一次世界大戦期において日本は「漁夫の利」を占めて大いに潤った。世界的な物資不足のおり日本は輸出を増大させ、設備投資もにわかに大規模に行われはじめた。その分欧米列強との国力の差が縮まり、大国の仲間入りが意識されはじめた。だがたとえばアメリカと比べるとその差はまだまだ歴然としている。アメリカが「持てる国」なら日本は「持たざる国」であることを免れない。そこで到来するであろう次回の戦争にたいして日本国家はいかに体制を整えて対処すべきかが研究された。陸軍においては「皇道派」と「統制派」と呼ばれる二つの派閥が存在して、それぞれが特徴的な軍事的姿勢を明らかにした。前者の代表的人物として紹介されるのが小畑敏四郎(としろう)で、一九二八年の『統帥綱領』において「短期決戦・包囲殲滅戦」を主張した。これは鍛え抜かれた不屈の精神力と体力と作戦の巧妙さをもって敵を一気に壊滅させることを主眼とする戦争である。その際敵の軍団はできれば弱小であることが望ましい、つまりがっぷり四つで対峙することは避けて全軍的で短時間で完遂される奇襲攻撃のみが推奨される。一方の「統制派」の代表として紹介されるのは石原莞爾。日本を「持てる国」にするために生産体制を国家的規模で統制し計画経済化して、軍事大国化をいち早く達成しようとするものである。短期決戦による勝利などとても望めないというわけだ。また両派に共通するものとして兵における士気の絶対的高揚が条件づけられる。わたしには両派とも好戦的姿勢が露わにしか見えないが、著者の片山によるとそうでもない、「顕教」にたいする「密教」なるものが腹蔵されていたという。そういうものかと思った。
  皇道派は日本はそう簡単に「持てる国」にはなれないから長期持久戦に追い込まれるような戦はすべきではない。よほど敵が弱小でないかぎりは戦を避けるべきだという「密教」があった。また国民の自由を縛るような計画経済化にも反対であった。統制派もまた裏返せば「持てる国 」に成らないうちは戦に踏みこんではならないという「密教」があったという。しかしこの「密教」的な肝心の部分は国民的にはあからさまには流布されずに好戦的気概のみが喧伝されたことは知られるところであろう。
  一九三一年の満州事変以降、日本は戦争の泥沼に踏みこんでしまい、後戻りできなくなった。もとより好戦的気分が国民全体を蔽い、後戻りの論議など微塵も起きなくなった。一九四〇年はじめ「生きて虜囚の辱めを受けず」のフレーズで有名な『戦陣訓』が発表・配布され軍の教材として使われた。片山はその作成に深く関わり、東条英機のブレーンでもあったという中柴末純(すえずみ)を紹介する。片山によると中柴は「日本陸軍の歴史の中で最も神がかった精神主義を唱えた」人物である。読んでいて嫌になるが、もはや戦略的見地などまったく後退している。ただただ兵の精神性を喧伝顕彰するばかりで、天皇の絶対性と結び付けられて兵一人一人の死が天皇の全体的な生を実現する、同時に日本国家の建設と持続を永続ならしめるというものである。勝利も敗北もない、勝利があるとすれば死に突入して日本兵の精神的優位性の証とすることだという。死ね死ね死ねというのだ。国家的ナルシズムというべきか。ここからは玉砕も神風特高も自然に視野に入ってくるであろう。鬱陶しい。ただこういう空気を中柴という人がひとりで創り出したのではなく、国家全体の空気に同調しようとしたにすぎないのかもしれないが。
  題名の『未完のファシズム』とは明治憲法の制約によって軍部も内閣も天皇も独裁体制を敷くことができなかったという見解からくる。強いてそれを実現できた可能性があるのが天皇であったが、天皇は消極的であったという。同じ主題は他の研究者によって追究されているのかもしれないが、あまりページは割かれていない。

関連記事
スポンサーサイト
    14:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/664-c6aa63d3
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク