大洋ボート

妻への家路

  文化大革命が終わり、政治犯として捕らえられていた夫(チェン・ダオミン)が妻(コン・リー)のもとへ20年ぶりに帰ってくる。だが妻は記憶喪失に陥っていて夫を思い出すことができない。夫は妻の記憶を蘇らせようと懸命の努力を払うが……。新聞の映画紹介欄でこういう記事に接したとき、たぶん泣くだろうと思った。悲劇だからだけではなく手練れのチャン・イーモウ監督とコン・リーのコンビだから観客を魅了せずにはおかないだろうと予想したからである。期待は裏切られなかったし、何回もうるうるしてしまった。
  冒頭は、収容所から脱出したらしいチェン・ダオミンが妻に会おうと家の近くに身をひそめる場面。激しい雨のなかパーカーの頭巾で頭と顔を覆って落着きなく周囲を警戒するチェン。のっけからこの雨にうるうるしてしまった。人のこれからの激しいであろう動きを予感させる気がしたからだ。映画館の座り心地のいい席におとなしく縮こまるように座っている自身が引っ張られていくような気にもさせられた。官憲が追ってくる。集合住宅の何階かの家の前に辿り着くが娘にばったり会う。だが娘は父を拒否する。政治犯である父を憎むからだ。チェンはふたたび扉の前に行って下の隙間から手紙を滑り込ませる。翌朝、駅で待つことを書いて。この駅の場面が力強い。ラッシュアワーの時間帯で人々がそれぞれの思いを抱いて急ぎ足に駅内を移動する。チェンとコン・リーの思いも多くの人のなかでは豆粒のようなものかもしれないが、そんな心細さをはねのけるようだ。それどころか、人々や列車の動きのあわただしさと力強さがまるで二人に乗り移るようでもあるではないか。だが逢瀬寸前のところでチェンは追跡してきた官憲に捕縛される。密告者がいたからで、これはのちに明らかになる。
  この短い前半部がインパクトがあり、やがて夫が帰郷を果たしてから先に書いた内容の長い落ち着いた後半部に移行する。前半部でさらに記さなければならないのはバレーダンサーである娘のことで、文革期に盛んに制作された革命劇に彼女は主役に抜擢されかけたのだが、父の汚名によってそれも叶わなかった。残念にはちがいないだろうが、観客としては、レッスンの場面に見入った。若い人の肉体を懸命に鍛えて未来を自分の手でもぎとろうとする姿勢にやはりうるうるした。わたしは文革など勿論体験したことはないが、わたしの若い時代とどこかで繋がっているという思いも湧いてきて、なつかしさすら感じたものだ。どんな暗い時代にあっても懸命に生きたのであれば、さわやかな思い出になるのだろう。
  手を変え品を変えて夫は和解した娘にも助けられて妻に自分を思い出させようとするが、叶わない。わたしはじりじりしたのか、そうではなく、うっすらとしたしかし確実な幸福感をそこから受け取った。収容所から解放されて妻のもとへ戻ってこれた、しかも妻のために精一杯のことをしてやれる。これはやはり幸福ではないかと思わざるをえなかったからだ。妻は夫の顔は覚えていないが、手紙の文字は覚えていることが知られてチェンは数限りなく手紙を妻に書き、それを読む様子も身近で見られる。夫をひたむきに追慕する妻の姿が一点のブレもなく伝わってくる。
  老け役に挑んだコン・リーもいい。老いるということは子供に戻ることではないだろうか。それも元気で跳ね回っているような子供ではなく、とおくをぼんやりと眺めているときの子供の姿だ。実際の老人を見ての印象ではなく、コン・リーの演技をみてのそれである。
  ★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    14:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/656-8b1a774d
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク