大洋ボート

縞模様のパジャマの少年

縞模様のパジャマの少年 [DVD]縞模様のパジャマの少年 [DVD]
(2012/02/08)
エイサ・バターフィールド、ジャック・スキャンロン 他

商品詳細を見る

  主人公の少年はナチスドイツの軍人を父に持つ。都会暮らしだが、やがて父の転属によって一家はユダヤ人収容所に近接する軍人宿舎に引っ越すことになる。
  友達と一緒に街路を走りまわって遊ぶ少年の姿が冒頭にある。両手を広げて飛行機のマネをするのだが、子供の自由な空気がよく表現されている。それが引っ越してからしだいに翳がさしてくる。父の表情は少年から見て変化はないものの同僚の軍人はいかめしいところがある。会議のためにドアを閉じるときに傍に居た少年を睨みつける眼付きは凄みを感じさせずにはいられない。薄汚れた身なりの老齢の給仕人がいる。実は収容所から連行されてきた男で、歩き方からして衰えの気配がある。また物置につかわれている地下室にはたくさんの人形がひとつの籠に捨てられたように無造作にまとめられて入れられてある。おそらくはユダヤ人の子供の持ち物であったのを没収したのであろう。少年の姉がソファに人形を大切そうに置いてくつろぐ場面がすでに映されたので無気味だ。このようにすべてではないが、見て接するもののなかには少年に異和感を抱かせる要素があって、少年の視線に寄り添ってよく表現されている。もっとも少年にとっては自分が見たものどもと戦争や収容所との深い関連性については理解の外にある。窓からとおくに見える収容所を「農場」だと誤解し、以前の都会生活をなつかしがり寂しがる。
  少年はやがて冒険をする。地下室のある物置の高窓に梯子を使ってよじ登ると森があり、そこを抜けると鉄条網で囲まれた収容所に達する。森に接する鉄条網近くに少年と同じくらいの年嵩の「縞模様のパジャマの少年」がいる。収容されている少年である。久しぶりに友達ができた気になった少年はそれ以来何回もその場所に足を運ぶことになる。食べ物を与えたり、鉄条網越しにボール遊びをしたりと。収容所の少年がはぐれたようにひとりぼっちなのは「いじめられっ子」であるからだろう。一方軍人の息子の少年にとっては降ってわいたような喜びで、見る者に解放感が清冽な水がしみいるように伝わってくる。素朴で、実にいいなあと思わずにいられない。少年はその出来事を父母や大人たちに秘密にして行動をつづける。やがて収容所の少年に請われて軍人の息子の少年は、大人では考えられないような無理解ゆえの大胆な行動をとる。しかし少年にとっては大胆でも何でもない友情の延長線上にある自然な行動だ。
  人と人は仲良くなれる。民族や人種のちがいなどそこでは何ほどのものでもない。それをストレートに表現した佳作。
  ★★★★

2008年イギリス・アメリカ制作
  
関連記事
スポンサーサイト
    12:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/652-fde1b2b3
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク