大洋ボート

やくざの詩

やくざの詩 [DVD]やくざの詩 [DVD]
(2005/03/21)
小林旭、芦川いづみ 他

商品詳細を見る

  小林旭が恋人を殺した男を追って旅をする。残された手がかりはただ一つ「ゲルニカ」という珍しい銃の弾で、小林はそれをペンダントにして身につけている。とある酒場でピアノの弾き語りをしていたところ銃撃事件が起こり、使用された銃が弾の特徴によってゲルニカであることが判明する。
  小林旭よりも悪役の垂水悟郎にかなりスペースがさかれて、彼のほうがむしろ主役に見えるくらいだ。前半の早い時間あきらかになるからばらしてもいいと思うが、彼が小林の恋人を銃殺した犯人である。セリフが聞きづらいが、ちょっかいをだそうとして抵抗されたので「気まぐれ」に撃ってしまった。その後悔、さらに今まさに小林旭に直近まで迫られていることの恐怖、また右腕を事故でなくしたことの社会的劣等感。それらのマイナスの感情が積み重なって垂水を責めさいなむ。といっても、垂水は兄の二谷英明に面倒を見てもらう以外に生きるすべを知らない。二谷はやくざ同士の抗争を利用して拳銃を密売して儲け、垂水は二谷の指示どおりに動いて抗争を外側からあおる殺し屋である。
  垂水悟郎の役は書いたようにいくつかの感情がかさなる複雑さがあり、力量に自信のある俳優ならやってみたくなる役どころではないだろうか。垂水は当時劇団民芸に属していたから例外ではないと思われが、どうもぎこちない感があって見づらい。熟しきらないのは、下手でないならば時間的制約があったのだろうか。この時期の日本映画は、ひとつの映画会社で1週間に2本の上映スケジュールで制作していたので、シナリオ制作もふくめて日数や予算にかぎりがあって、丁寧な取り組みがともすればないがしろにされたのではないかと、推測したくなった。
  小林旭や二谷英明、それにやくざお抱えの飲んだくれ医者の金子信夫、その娘の芦川いづみなど日活映画専属の俳優陣は手慣れた空気が醸しだされて安定している。
  1960年制作。
  ★★★
関連記事
スポンサーサイト
    10:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/647-11d6aef4
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク