大洋ボート

ダンス・ウィズ・ウルブス(1990/アメリカ)

ダンス・ウィズ・ウルブス [DVD]ダンス・ウィズ・ウルブス [DVD]
(2010/07/14)
ケビン・コスナー、メアリー・マクドネル 他

商品詳細を見る

  西部劇があまり作られなくなったのは1960年代前半あたりからだろうか。その理由を知る者ではないが、とくにインディアンと呼ばれた現地住民との騎馬戦を描いた作品がいちじるしく減ったようだ。ベトナム戦争の長期化もあって弱小民族いじめとダブったからか。それとも単にマンネリと見られたのか。西部の開拓された小さな町でのたとえば保安官のような正義漢とならず者との対決というネタはひきつづき受け継がれて、ときどきは作られたようだが。
  本作はめずらしいことに軍人であるケビン・コスナーが親交を深めたインディアン、スー族の味方をしてアメリカ軍騎兵隊と一戦交えるという物語に特色がある。インディアンにたいする白人移民が侵略者であるという見方は、本作の制作年あたりでは広く浸透していたであろうから、それほど違和感はなかったのではないか。逆に衝撃度もまた深くはなかったのかもしれない。
  わたしが気に入ったのはロケ地の風景だ。従来のジョン・フォード監督の作品群なら、モニュメント・バレーと呼ばれる赤茶けた土の砂漠と独特の形状の岩山がセットになった土地がもっぱらであり、西部劇の固有性の大きい要素であったのだが、本作では一転して草原だ。丈の低い草がなだらかな起伏のある地を毛布のように覆っている。それにさまざまな形状で浮びあがる雲。これらの風景が西部劇としてはなかなか新鮮だ。さらにはバッファローの群れ。疾駆して土煙を立てるのがわかる。どうやってこの野生動物を集めることができ撮影できたのか不思議なくらいだが、そのうえ何頭かを矢やライフルで狩猟する場面もある。残酷さよりも壮大さをわたしは受け取った。題名にもなっている狼も出てくるが、これはさほど重要な役割ではない。
  俳優陣では気の触れたようにさまよっているところをコスナーに助けられ、インディアンに預けられて育ちやがてコスナーの妻になるメアリー・マクドネルという人が印象的だった。はじめの恐怖におののく表情から最後には妻として板についたそれに変わっていく。ケビン・コスナーはしばらく見なかったが、俳優としてはか細い声であることを思い出した。
  上映時間が3時間に達する長さにもかかわらず、出だしの部分が省略気味でよく飲み込めない。南北戦争のさなか北軍のコスナーが南軍の陣地の間近で自殺志願のように馬を走らせる無謀さ。やがて希望の赴任地をえらぶことを許されるが、これまた自殺志願のように最前線の砦をえらぶ。案の定そこはインディアン(スー族とは別の部族か)に襲撃されて廃墟と化している。「省略」というよりもアクション映画固有のスーパーヒーローと受けとるべきか。
  ★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    11:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/641-bf89e718
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク