大洋ボート

第三の男(1949/イギリス)

  DVDで以前に見たことがあるが、映画館で接するといくぶんかはちがった印象をえた。古い時代の映画だけあってモノクロ・スタンダードであるが、スタンダードサイズなるもの、わたしのイメージしていたものよりも横幅がかなり狭く、全体がほぼ正方形だ。現在の同じ名称の画面ならもう少し横幅があるのだろう。そのせいか、主題と密接に関連するウィーンの街並みがなんだか「室内」のように見えた。また俳優陣も観客により近い位置ににじり寄ってくるように思えた。
  アメリカ人の作家ジョセフ・コットン(役名ホリー)が旧友のオーソン・ウェルズ(同ハリー)に呼ばれて第二次大戦終結後まもないウィーンに旅行するが、直前にウェルズは死んで、葬儀も行われていた。だがふっ切れない思いを抱いたコットンはウェルズの恋人だったアリダ・ヴァリとともにウェルズの死についてより深く知ろうとして行動する。これが前半のストーリである。結局はウェルズは生存していて、死は偽装だったことがわかる。疲弊した当時のウィーンでは闇経済が横行していて、その関連でウェルズは重大犯罪に関わっていた、というもの。ウェルズがコットンを呼んだのはその犯罪を彼に引き継がせようとするためだったことがわかる。
 歴史の勉強になるが、当時のウィーンはアメリカ、イギリス、フランス、ソ連の分割支配下にあった。それぞれの管轄区域が決まっていたらしく、了解がないと他所の管轄区にたとえば警察の捜査が及ぶことはなかったと思われる。ジープに4カ国の警察官が仲良く搭乗する眺めはおもしろい。また古色蒼然としたウィーンの街並みにも目をひきつけられる。石造りのビルが立ち並ぶ。爆撃の影響だろう、半壊のビルや瓦礫の山が見られる。またいくつかのビルには他のヨーロッパの国にも見られる彫刻像(ビーナス)が併置されて豪華である。一般人が住む普通のアパート(マンション)も頑丈なつくりで階段など必要以上に広い。それにクライマックスに登場する下水道も立派というしかなく、総じてこれらオーストリアという国のかつての繁栄ぶりがしのばれるというもの。 
  俳優でいちばん目立ったのはアリダ・ヴァリで、二番目がオーソン・ウェルズ。一番目立たないというべきなのが主役格で出ずっぱりのジョセフ・コットンである。これはコットンの視線が観客の視線に溶け込んでいるからで、彼がしだいにアリダ・ヴァリを好きになっていくのが彼の肉体の存在を省略して直にヴァリに観客の視線が届くからである。他の映画を例にとれば、デヴィッド・リーン監督の「戦場にかける橋」では主役格のアレック・ギネスよりもウィリアム・ホールデンのほうが目立った。また逆にリーン監督「アラビアのロレンス」では主役のピーター・オトールが終始目立つ。いずれも配役布陣の妙ではないか。
  ジョセフ・コットンが目立つのは最後あたりか。ウェルズの犯罪の重大さを念を押されるように見せつけられて「公憤」をうながされる場面。さらにアリダ・ヴァリに未練たらたらの場面。かつての恋人を警察に売った男を相手にすることはさすがにできないか。女性の矜持というものか。そういえばヴァリは「ホリー」と「ハリー」をよく間違えていた。似た名前ならば普段呼びなれた名を口にするのだ。
   ★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    10:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/620-c3dfa779
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク