大洋ボート

カナリア(2004/日本)

カナリア カナリア
石田法嗣 (2005/10/28)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

 少年が児童相談所から脱走する。彼は十二歳で、祖父に引き取られた妹に会いに行くためだった。それ以前に少年は妹と母とともに「ニルヴァーナ」教団に出家入信していて、強制捜査のおりに保護されたのだった。滋賀県から東京へ一文無しの少年の長い旅が始まる。家出少女と知り合いになり、彼女や旅の途上で知り合った人々の助けも得て、少年は旅する。一方、教団の幹部にのぼりつめた母は、凶悪犯として指名手配中である……。

 オーム真理教の事件がモデルになっている。家族の再会が第一のテーマなら、第二のテーマは、少年の教団からこうむったマインドコントロールからの脱却ということになる。これは映画の課題としてはかなり手ごわいものだ。残念ながら、それを十分に果たせたとはいいがたい。教団内で親しかった幹部の青年とも彼は再会するが、そのとき青年が教え諭すように次のような内容のことをいう。「俺は教団に入って世界を変えようとした。俺自身も変われると信じていた。だがそれは失敗に終わった。あとには俺という人間だけが残っただけだ。だがこれからは、その俺という人間を背負って生きるしかないんだ。お前もお前という人間を背負って生きなければならない。」これは正しいことを言っているにはちがいない。だが疑問だ。

 そもそも、映画作りとはここで言われたようなことを鑑賞者にじわじわと納得させるために、映像とセリフを工夫し、創意をちりばめてつなげていくものではないのか。そこに映画作りに集結する人々の艱難辛苦がある。にもかかわらず、こういうナマの言葉を結論めかして投げ出されると、がっかりしてしまう。少年は旅の途中でもマントラを唱えていた。また「万引きをすると地獄に堕ちる」と言いながら、一方では「人殺しには相当の理由がある」と確信犯みたいに言い放っていたのだ。そんな少年がその後どんな心の変遷をたどるのかがさっぱり見えてこないで、こんなセリフだけが浮いた状態で残ってしまうのだ。

 家族がばらばらになったのは、結局はニルヴァーナが原因であることに気づいて少年は、しだいに目覚めていくようだが、それはそれで当然だろうな、という気はする。だが、家族の絆のたいせつさに気づくことと、マインドコントロールの支配は反比例するのだろうか。表面的にはそうであるにしても、奥底ではそうでもないと思う。マインドコントロールとたたかい、引き剥がしながら、客観視する作業を別にしなければならないのだと思う。

関連記事
スポンサーサイト
    00:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/61-8df224c2
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク