大洋ボート

ローン・サバイバー

  軍隊には軍規というものがある。ゲリラやテロの部隊にとっては無視されることも往々にしてあるのだろうが、アメリカ軍のような国家の正規の軍隊であれば、みだりに軍紀を破ることは許されない。たとえ自軍の安全に悪影響が出かねない場合においても、だ。ここは判断に悩むところである。この映画のみどころはそこにある。「敵」兵を生け捕りにしたときはみだりに殺害してはならない。捕虜にするか、それが不可能ならば解放しなければならないのだ。
  アフガニスタンに展開するアメリカ軍から4人が選抜されて、同国の山岳地帯のタリバンの主要アジトに接近する。そこでタリバンの首領を発見するのだが、まもなく山羊を連れた民間人に自分たちも発見される。タリバンに民間人と軍人の区別があろうはずもない。たとえ民間人であっても同じ区域に生活する以上は、タリバンに親近感を抱いているであろう。アメリカ軍4人の存在も通報されることは目に見えている。だがやはり解放せざるをえないのだ。案の定4人はその後タリバンの数百人の部隊に追われることになり、絶望的な銃撃戦に引きずられて行く。このジレンマは「プライベート・ライン」にもあった。たったひとりのドイツ兵を解放したために、後方のドイツ軍に戦況を知らされ、さらにそのドイツ兵も再度軍に加わって意欲満々で襲い掛かってくるという状況設定だった。
  軍紀にかかわることがもうひとつ提起されていた。発見されたタリバンの首領は狙撃が十分に可能な距離にいたが、上部の命令がないことで、リーダーのマーク・ウォールバーグは部下のその提案を却下するという場面だ。
  さらにはアフガニスタンの民族間対立の問題にもふれられていた。山岳地帯はタリバン一色ではないということらしい。タリバンはパシュトゥーン人中心の勢力といわれるが、言語や宗教を異にする民族が複数存在する。重傷を負ったマーク・ウォールバーグが非タリバンの村人に発見され、同地で何日か療養する場面にはほっとさせられた。まさに砂漠で泉にめぐりあえたような心地だ。壮絶な戦闘場面はふりかえればあまりに異常で、生きて普通の生活をすること、これこそが泉。戦争映画を見終わったときのいつもの感想だが。
★★★

関連記事
スポンサーサイト
    13:26 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/602-e012294b
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク