大洋ボート

ラッシュ/プライドと友情

 F1レースでトップを競い合うドライバー二人の話。実話がベースになっているそうだ。出演はクリス・ヘムズワース(役名ジェームス・ハント)、ダニエル・ブリュール(同ニキ・ラウダ)そのほか。
  ドイツで開催されたレースの前後のエピソードが印象に残った。折からの悪天候のため、レーサーや運営者が会議をもって、レースの決行か中止かを取り決める場面。ニキ・ラウダは中止を主張するがハントは決行派で、結局は多数決で決行が決まる。ハントのほうがレーサー仲間に人気があって、リーダー的な存在としてあつかわれていたようだ。一方ニキはこのレースで事故を起こし、瀕死の重傷を負ってしまう。ニキの負傷に自責の念を抱くハント。ようやく病癒えたニキが痛々しい顔のまま記者会見をひらいたとき、ハントもその席に居た。そして、下品な質問をした記者を追いかけていって殴り倒す。ここはやるなあ、と思って少し熱くなった。さらにハントはニキに会い、謝罪しようとするが、ニキは<君がトップになった(別のレース)ことが僕の闘病下での希望になった>と答える。余人にはわからないが、一頭地を抜きん出た者同士の相互尊敬とは、ああこういうものなのかと教えられた気がした。競争意識は土台にあっても、そのうえで互いに引っ張り合い、高め合うのだ。最近話題にのぼっている冬季オリンピック・フィギアスケートでの浅田真央とキム・ヨナのライバル関係もこのようなものだったのかと思った。
  映画としては、特に目新しさはないか。レースの描写は短いカットの数珠つなぎで、せかせか感をかきたてる常用手段だが、こういうやりかたも今や古くなっている気がする。レース外では、二人の結婚(離婚)やレーサーになった経緯、さらにはスポンサー探しなど盛りだくさんであるが、つめこみすぎて、総じてダイジェスト的になってしまったのではないか。最後までゆるみなく軽快に突き進んでいくのはさすがだという評価もできるかもしれないが。ニキが得意とする車体改造の場面などはじっくりと掘り下げて見せてもらいたかった。
  ★★★
グラン・プリ [Blu-ray]グラン・プリ [Blu-ray]
(2011/06/15)
ジェームズ・ガーナー、エバ・マリー・セイント 他

商品詳細を見る

栄光のル・マン [DVD]栄光のル・マン [DVD]
(2010/03/26)
スティーヴ・マックィーン、ジークフリート・ラウヒ 他

商品詳細を見る
 
関連記事
スポンサーサイト
    12:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/599-08fa4767
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク