大洋ボート

竹内洋『革新幻想の戦後史』

革新幻想の戦後史革新幻想の戦後史
(2011/10/22)
竹内 洋

商品詳細を見る

  本書で言われる「革新勢力」とは、社会党や共産党、およびその同伴者、また主観的に距離を保ちながらも外側からみると大同小異の思想の持ち主である大学教師や評論家をさす。特に政党組織に属さず、べったりではない後者の一群は「進歩的文化人」と呼ばれたらしいが、保守派は嘲笑・揶揄の代名詞としたとされる。さらに「革新幻想」とは戦後10年から15年ほどの間、革新勢力が思想・言論界において顕著に権威的であり、政治的分野は言うまでもなく大衆的にもその影響力をひろく及ぼしたことをさすようだ。著者竹内は政治的立場をそれほど鮮明にはしないが、どうやら保守か中立の立場にあり、また常識家を自任しているらしく「革新幻想」に批判的である。他者の著作の引用は無論のこと、世論調査、意識調査などもふんだんにピックアップして自説を補強する。というよりも底堅い客観性を重視する。
  戦後に誕生した東大教育学部が進歩派教授の牙城となり、日教組と協力関係を結び、その講師団に息のかかった教授を送りこんだこと、また同学部の保守派学者が人事面で冷遇されたことが記される。その歴史は10以上に及ぶという。「旭丘中学事件」というのもある。1954年同校教諭3人が偏向教育のかどで京都市教育委員会から転任処分の辞令を受けたが、3人と同調者が反対運動を展開し、ついには生徒を巻き込んで分裂授業をするまでに至った。分裂授業とは、教育委員会が提供する別の建物と、3人の教諭を中心とした反対運動派の教諭が居座る同校校舎とにそれぞれを支持する生徒が別れて授業を受けるという構図である。3人の教諭はいずれも共産党系で、当時の共産党は今とはちがい過激派に近い運動方針だった。子供を同伴者にするこういうやり方はあきらかに批判されてしかるべきだろう。しかし、これらの事例は革新勢力を批判するうえでは、たやすいのではないか。浅学の身で、今まで知らなかったので参考にはなったが。
  本書を読むにあたって、わたしの問題意識は革新勢力なるものが戦後の思想界や政治勢力地図のなかで、その核心部分でどういう役割を担ったのかということだ。いいかえれば、彼等の存在無しにはたして今日の非重武装・日米同盟路線は定着しえたのか。今日の自民党の源流である当時の保守派政権は、内心は重武装路線に舵を切りたかったものの国内反対派=革新勢力の勢いをおそれて妥協した結果なのか、それともはじめから軽武装路線を決めていたのか、ということである。私にはその明確な見取り図が描けない。残念ながら本書の視点はちがっていて、政治的動向を正面からとりあげないで、「革新派」の暴走や傲慢ぶり、右往左往など批判しやすい個所をとりあげて「革新幻想」を批判する体になってしまっている気がする。
  戦争中に軍国日本の熱烈な支持者でありながら、戦後は180度転換して「革新勢力」に身を投じた人々も多かったと聞く。勝ち目のない戦争をはじめた国家をもっとも底辺のそれゆえ中心部で支えた人たちが敗戦によって茫然自失して、自己の拠り所をさがし建て直さなくてはならなかった。多くの人命を喪失させた人災にたいして自責の念を持たなければならなかった。この良心の部分を私は信じたい気持ちだ。外側から見て、政治運動としての暴走やまちがいがあったとしても、それが批判するに値するとしてもだ。つまり戦後10~15年ほどの国家にたいする根強い不信感は自然であり、私はこれを肯定する者である。著者はどう思うのだろうか、本書からはうかがえない。例によって調査資料を駆使して、戦争中の日本を全面否定する者のみではなかったとする。戦争を明治以来の民族間競争の歴史としてやむをえなかったとする人々の存在が抽出される。けっして戦争のすべてが「あやまち」ではなかったとする人々であり、「あやまち」であったとする人々、つまりは戦後革新派に合流する人々はいわれるほど多数派ではなかったということだ。だが、多数派でなかったことがはたして「革新幻想」をひきずりおろす根拠となるのか。それとも公平を期すために記すのか。朝鮮戦争が勃発した当時の世論調査でも再軍備賛成と反対とでは、むしろ賛成が多かったとのこと。革新派はここでも多数派ではない。
  1950年12月22日の読売新聞世論調査が引用される。「日本は軍隊を持つべきだという意見がいわれていますが、どう思いますか」の問いにたいする回答が次のとおり。括弧内の数字は同年8月の前回調査のもの。

賛成     四三・九%(三八・九)
反対     三八・七%(三二・七)
わからない  一七・五%(28・4)

  同年6月には朝鮮戦争が勃発しているので、風運急を告げた時期であろう。前年には内戦に勝利した毛沢東の中華人民共和国が誕生したこともある。新憲法に謳われた丸裸の非武装が心細く映る気分もわかろうというものだ。ただし軍隊といってもどれほどの規模なのかは、この質問からは見えない。近隣諸国への侵略にたる軍隊ではなくとも、せめてもの防衛にみあう力は持たせたいとアンケート回答者は考えたのではないか……。賛成が上回ったことをもって革新勢力が思いのほか勢いがなかったと、竹内は示唆したいのだろうか。しかし反対が「三八・七%」もあることに、私はむしろ驚く。新憲法を是とする人々が広範であったことの証左ではないか。人々は戦中に逆戻りすることを恐れたのではないか。今日同じ調査をしても非武装に賛成する人はこれほどの数字には達しないにちがいない。2年後の1952年4月の同じく読売新聞調査は「あなたは憲法を改正して、日本が軍隊を持つことに賛成ですか反対ですか」という質問をした。

賛成     四七・五%
反対     三九・〇%
わからない  一三・五%

  過半数には達しないものの、憲法改正と軍隊創設に賛成する意見が多いことに驚くべきであろうか。再軍備にとって憲法が邪魔になることの宣伝が行き渡った結果か。しかし改正の政治的手続きはおこなわれず、解釈改憲で自衛隊が創設されたことは周知のとおりだ。保守派=与党にとっては、憲法改正が衆参両院の3分の2以上の賛成を必要とするという困難性があったことも事実だ。さらにまた、政治勢力にとっては「数」はたしかに大事だが、構成要員ひとりひとりのエネルギーの集積がときにはその「数」の小ささをおぎなってあまりあることもある。当時の革新派はその意味で強さを保っていたのだろう。そのために彼等との激突を保守派は回避したかったのではないか。また一九五〇年代後半に入ると、憲法改正や再軍備にたいして反対が賛成を上回るにいたる。竹内洋はこれを経済復興が成しとげられつつあった時代に即応した現状追認とする。つまり思想としての保守ではなく「革新」の衣装をまとった保守と指摘する。わざわざ政治的混乱を引き入れることもないという忌避意識だろうか。この指摘は私にも腑に落ちるものだ。戦後復興とさらにのちの経済大国化を邁進することによって、また外的要因も落ち着くこともあって、平和と安定は定着することになる。革新派の「戦争への危惧」の呼びかけはしだいに色褪せていった。
  革新勢力全体を、とくに政党組織の硬直性を私は擁護するつもりはない。しかし戦後の短い期間、そこに身を投じたり同調した無名の人々の内心には信じるに足る良心が存在したと、私は思いたい。勿論、保守派にも良心はあったことを否定しないが、前者への言及が本書ではいささか不足している気がして、くどいが最後に記した。
関連記事
スポンサーサイト
    22:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/596-4088a5e1
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク