大洋ボート

冒険者たち(1967/フランス)

  冒頭の場面、ジョアンナ・シムカスがうず高く積まれた自動車のスクラップの間の道をゆっくりと歩いている。スクラップに興味ありげの様子だ。観客は両者にどういう関係があるのかすぐにはわからないがやはり興味をもたされる。これだけでも引き込まれるというものだ。やがて建物にたどりついてシムカスは「店主」らしいリノ・バンチュラに会い、スクラップを売って欲しいと頼むが、バンチュラは売り物ではないとにべもなく断る。急ぎの用があるらしく、トラックに乗り込んで立ち去ろうとするバンチュラ、そこをなおも売却を依頼するシムカス。バンチュラは受け付けないが、シムカスは美人だ。シムカスに惹かれたのか、以後の作業の手伝いをシムカスに依頼し、シムカスも引き受けてトラックに同情する。やがてトラックは広場に到着すると、二人はポールでゲートらしきものを組み立てる。そこへ複葉飛行機が飛来してきて、組み立てられた狭い面積のゲートをすれすれに潜り抜ける。後にわかるが、飛行機はパリの凱旋門を潜り抜ける練習を繰り返すのだ。バンチュラはその手伝い。
  長く書いてしまったが、バンチュラは廃車になった車の部品を選択してレース用のエンジンを開発している。ジョアンナ・シムカスは同じく廃車の部品を使って溶接でアートをつくる芸術家。また複葉機を操るのはアラン・ドロンで、腕自慢のパイロットだ。こういう3人の立場をセリフで説明するのではなく、映像のつながりで少しずつ観客にわからせる、ここがこの映画のたいへん心憎いところのひとつだと思う。題名は「冒険者たち」だが野心家と言い換えてもいい。アラン・ドロンの曲芸飛行にしても危険で、シムカスのアートもよい値段がつくかわからない。バンチュラのエンジン開発もうまくいく保証はなく、確実性はいずれも少ないと見えるが、これが当人たちがいかにも楽しそうで、やりたいことを夢中でやっているようで、その空気がほんとうによく表現されている。娯楽映画としての面目躍如だ。飛行訓練の後、その余韻を楽しむかのように、走行するトラックすれすれに飛行を繰り返すドロン。観客をひやりとさせるのがまた心憎いのだ。
  詳述は避けるが、三人の目論見はいずれも頓挫する。ルーレット賭博にも手を出すがこれも失敗。さてどうするかというと、アフリカコンゴ沖の海底に財宝が眠るという噂をあてにしての現地へ飛んでの探索がはじまる。金はまだあるのかなどという疑問に対する説明はなく、省略されている。なくてもいい、そこがまた娯楽映画の小気味よさだ。そして、ここでも楽しくて仕方がないという空気は持続する、というよりもさらに拡大する。舟をチャーターしての潜水の日々だが、釣で食糧を確保して宴会さながらである。三人が水をかけあってじゃれる場面など印象に刻まれる。ああ、こういう短い日々が自分の人生にもあったらなあと、羨ましさを喚起させられずにはいられないのではないか。野心家同士の友情。それに美人のジョアンナ・シムカスが間に居るということで、男二人は別天地の気分ではないだろうか。財宝など見つからなくてもいいやとも観客に思わせるに十分だ。
  だが財宝の噂はあまねく知れ渡っているらしく、彼等三人をつけねらい強奪しようとする一味があらわれる。ここから殺し合いがはじまり、人間関係も少し複雑になるが、前半部の面白さの勢いでどんどん押していける。ドロンとバンチュラのそれぞれの情の厚さも頷ける。海底のシーンもふんだんに出てくるが、これまたうつくしいとしか言えない。この映画、レンタル店にも置いてあったが、スクリーンで見たいという思いがあって長く保留していたが、今回それがかなって満足した。
   ★★★★★

冒険者たち [DVD]冒険者たち [DVD]
(2011/12/09)
アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
    12:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/581-8e6a343c
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク