大洋ボート

『万葉集』巻八・1447、1475,1484,1498,1500

世の常に聞けば苦しき呼子鳥声なつかしき時にはなりぬ(1447)


  以前にもとりあげた大伴坂上郎女の歌であるが、後註に「右の一首、天平四年三月一日佐保の宅(いえ)にして作る」とある。天平四年は732年。佐保は現在の奈良市北部で、坂上郎女の住居の所在地。坂上郎女の生没年は未詳だそうだが、700前後~750以後とされている。仮に生年700年とすると天平四年には満32歳を迎えることになる。私の印象では意外に若い。また家系では前年の天平三年に異母兄の大伴旅人が他界しており(≒66歳)(665(天智天皇4年)~731)、大伴家の後継者と目された大伴家持は天平四年においては(718(養老2)~785)若干14歳である。旅人の妻の大伴郎女も旅人よりも先に亡くなっていたので、坂上郎女は大友家全体を取り仕切り面倒を見る刀自(とじ=主婦)としての役割を担わなければならなかったようだ。とりわけ家持の後見人として家持にたいしては心を砕いたと思われる。また二人の共通する歌作りの分野でも坂上郎女は家持の師匠格であった。二人の間には親密な交流があり、のちに坂上郎女は長女の大嬢(おほおとめ)を家持に嫁がせている。

なにしかもここだく恋ふるほととぎす鳴く声聞けば恋こそ増され(1475)
ほととぎすいたくな鳴きそひとり居て眠(い)の寝らえぬに聞けば苦しも(1484)


  1475は「なにしかもここだく恋ふる」で切れる。どうしてこんなにもひどく恋焦がれるのか、の意。それでもほととぎすの声を聞くと恋心が募ってきて冷静でいられない。鳥の鳴き声を恋心をそそのかしさらに増幅させる生理に直結するものとして象徴させている。鳥の声は恋の相手ではなく、自分のなかにある押さえ切れない恋心だ。1484も鳥の役割は同じだ。坂上郎女は明らかに恋のさなかにあって困惑に見舞われていることを告白している。「恋」という言葉の範囲はひろく、同性同士の親密さが高じたときにも用いられるが、ここではやはりせまい範囲での異性間の恋であり、しかも実現不可能であるがゆえに押しとどめなければならない、隠さねばならない恋だとみなしたい。
  それでは恋の相手は誰か、字面のうえではまったく不明だが家持の可能性も捨てられない。勿論、歌集中にまったく出てこない人物であることも考えられるが。坂上郎女と家持の年齢差は18歳で、また叔母と甥の近親者同士であるが、そんなことはいっこうに恋の妨げにはならない。現に坂上郎女は異母兄の大伴宿奈麻呂(すくなまろ)に嫁いだこともある。また男性であれば30,40歳ほどの年下の女性を娶ることも可能であったようだ。ただ女性においてはあまりに年下の異性を大っぴらに奪うことは文化習慣的に許されなかったのだろう。生理的欲求としては男女間に大きな差はない。また家持の意向も当然汲んで家持との結婚を断念せざるをえなかったのだろう。しかしながら家持をいつも自分の傍に置いておきたいという欲求が、長女を彼に嫁がせるという決定に赴かせたのだと思いたい。坂上郎女の家持への恋心、これは可能性としてあるという以上ではなくて私としては強弁するのではない。家持は紀郎女、笠郎女らの女性と関係したことが歌集にみえるが、坂上郎女はやきもきしたのかもしれない。いっぽう家持のほうは坂上郎女の恋心に気づいたのか、十代の青年だから露ほども頭に浮かばなかったのか、疎かったのか、気づいても気づかないふりをしつづけたのか。

暇(いとま)なみ来まさぬ君にほととぎす我かく恋ふと行きて告げこそ(1498)

 

  恋の相手はときどきは坂上邸を訪れたようだが、しばらく「暇なみ」(相手が忙しいので)その訪問が途絶えた。だから没交渉でありながら、とおくから憧れを持って眺めつづけたという類の相手ではない。この歌のほととぎすは伝令役であるが、それだけでもない。鳥が人の言葉を話すわけもなく、坂上郎女が恋心の象徴として日々聞くのと同じ位置づけで相手に聴いてもらいたい。しかしながら相手にはただたんに小うるさい鳥の声としか受け取られないかもしれない。そういう甲斐なさ、寂しさがふくまれているとみる。

夏の野の繁みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものそ(1500)


  同じく坂上郎女の歌。いたいたしい。「姫百合」は小ぶりの百合で濃赤色の可憐な花だという。小さいから茂みのなかでは見分けにくいので、「姫百合の」までの三句を「知らえぬ」の序とした。知らないのは恋する相手である。もし相手が知ってしまったならなんらかの発展があるのかもしれないが、ほとんど期待できない。
関連記事
スポンサーサイト
    12:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/580-3920d27d
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク