大洋ボート

『万葉集』巻七・1238、1245、1250、1263

高島の阿度(あど)白波は騒けども我は家思ふ廬(いほ)り悲しみ(1238)

  「高島の阿度」は地名で、現在の滋賀県高島郡安曇川町にあたるという。「廬」は臨時につくる粗末な家。作者はあるいは人からその地の波の見栄えや音響のうつくしさをかねて聞いていたのかもしれないが、家族からはなれて暮すことは寂しく、波どころではない。妻を思う時間のなかに騒音として入ってきて邪魔をするだけという。「家思ふ」ことに没入できずに、その思いとまったく無関係な波の音が作者のなかで居座って、思いと並存している状態が歌われている。これまで触れてきた万葉の歌の中では視点がめずらしいのかもしれない。もっとも、万葉にかぎらず現在もふくめた私たちの「思い」の邪魔のされ方としては一般的である。

志賀(しか)の海人(あま)の釣船の綱堪(あ)へかてに心思ひて出でて来にけり(1245)


  「志賀の海人の釣船の綱」までが「堪へかてに」にかかる序。「堪へかてに」は耐えることができない、つまり綱に大きな力が加わって切れてしまいそうだ、ということだろう。「心思ふ」は恋人を思うことという。恋人に頻繁に会うことをみずからに禁じていた作者がついに我慢しきれなくなって、恋人のいる場所へ出てきてしまった。それほど遠い地ではなく、目と鼻の先の距離ではないかと推測する。だからこそ禁じることもその禁を破ることもみずからの心ひとつでどうにもなる。相手に会ってどうなったか、以前と以後で変化があったのかは歌の上ではわからない。それよりもひそやかな生活の目標を破ったことを作者は重視する。この時代は、みずからの恋愛沙汰が生活が重なりあう者たちに知られること、噂されることをおそれる傾向があったようで、認められた夫婦でさえも夫があまり頻繁に帰宅すると非難の目でみられたことが人麻呂の歌にも記されている。(当時は通い婚)またその非難は本人ばかりではなく近親者にも向けられたのだろう。だからそのおそれを承知で恋人に会いに行くことには勇気をふるう必要があった。
  共同体のなかにおとなしく没することの平穏と、そこから少しはみだすことの後ろめたさと快感が歌われている。言い換えると、小さな悪をなしとげたひそかな勝利感か。心の世界を拡大してその変化に着目し忘れまいとする。みずからが見る心の世界は人目からはまったく見えない。

妹がため菅(すが)の実摘みに行きし我山路に迷ひこの日暮らしつ(1250)


  直前の1249番は「君がため浮沼(うきぬ)の池の菱摘むと我が染めし袖濡れにけるかも」。いずれも「柿本朝人麻呂の歌集に出づ」とある。声調からして二首とも人麻呂作と推測したくなるが。 
  妻のために菅の実を摘みにいって山道に迷ってしまい、その日一日を過ごしてしまった。日記風で内容的に特に取りあげるべきものが乏しいと見えるが、なにかしら余情がある。作者は採集行動に夢中になったあまり帰り道から離れてしまったのか、もともと土地勘のない場所に踏み入ってしまったのか、明らかではない。強引に解釈すると、普段抱きつつある欠損感や空白感が作用して「山路に迷」うことにつながってしまった。作者はそういう普段からのみずからの心とはからずもそれが表の行動に出てしまい失策として表面化した、それを不思議に思って着目するのではないかと私は受け取りたい。「山路に迷」ったことを大げさに悔やむのではない、また妻を愛しないのでもない。それと並存して空白感がたえずはびこる。歌にこめられた余情を無理に私なりに言葉にするとこうなる。言葉にしたい誘惑に駆られる歌であり、また短歌的抒情の奥深くに触れられる思いも持つことができるのではないか。菅の実は持ち帰って食料にするのか、それとも家の庭で栽培して最終的に藁にしようとするのか、わからない。

暁(あかとき)と夜烏(よがらす)鳴けどこのもりの木末(こぬれ)が上はいまだ静けし(1263)

  「暁」は午前4時前後、「もり」は山、「木末」は樹木の先端の部分、梢をさすそうだ。作者は昼間同じ空間を見て知っているのだろうから、夜であってもどのあたりに山があるかわかる。烏がしきりに鳴いているが山のあたりは静かだ、の意。音によって、その有る無しによって二つの空間が意識されることは万葉集の歌に数多いが、夜であることはめずらしいのではないか。「夜烏」という複合語も印象的だ。「夜雀」「夜燕」こういう複合語があるのかどうか知らないが、今のところ目にふれた記憶はない。烏の色彩の黒と「夜」がぴったりして面白い。歌全体としては、作者は山の静けさに惹かれている。この歌にも余情がある。
関連記事
スポンサーサイト
    13:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/573-7fffe3a1
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク