大洋ボート

忠臣蔵外伝 四谷怪談(1994/日本)

あの頃映画 「忠臣蔵外伝 四谷怪談」 [DVD]あの頃映画 「忠臣蔵外伝 四谷怪談」 [DVD]
(2011/12/21)
佐藤浩市、高岡早紀 他

商品詳細を見る

  題名が示すとおり、従来は別々の話であるはずの忠臣蔵と四谷怪談を融合させて一つの物語にした映画。日本人なら二つの話ともいつか見たことがあってぼんやりとであっても知っている。そのせいかそれぞれ随分と省略されているが、しらけることはない。むしろ深作欽二監督独特の進行の仕方で心地よい。なにかしら地に足が着かないようなそわそわした感覚のまま深作演出独特の勢いがあって最後まで引っぱられる。ラストの討ち入りの場面ではそこにいられないはずの佐藤浩市(伊右門)と高岡早紀(お岩)が二重写しの処理をされて登場し一部始終を見守ることになる。つまりSFっぽくなるが、その強引さもむしろこの映画ならではの進行として成功の部類に入るだろう。そこへくるまでの勢いがあるからだ。
  佐藤浩市は赤穂浪士の一員。よく知られているように切腹処分を受けた藩主浅野内匠頭の仇討ちをすべく、吉良上野介邸への討ち入りを他の浪士らとともに画策する。湯女(売春婦)の高岡早紀と知り合って束の間の幸福もえる。だがこれが長続きしない。吉良家の家老の孫娘(荻野目慶子)を暴漢の襲撃から救ったことから荻野目慶子にひとめぼれされてその一家の歓待を受けることになる。ここから佐藤において野望がむくむく頭をもたげてくる、吉良家に仕えることで安楽をえようとするのだ。高岡早紀(お岩)は吉良家の陰謀によって毒を飲まされ顔に不治の腫瘍ができるが佐藤はふりむかない……。悪へ一気に傾斜する佐藤だが見応えがある。佐藤は少年時代、病の父を救うために辻斬り(強盗殺人)をやり、浪士になってからも同士の窮状を救うためにまた辻斬りをやった。つまりは殺人や暴力への後ろめたさが消失してしまっている。倫理観も外面だけに過ぎなかった。その性向が吉良家に仕えようとする正反対の志向にも佐藤を結局はためらわせない。佐藤の一見無表情で悪に傾斜していく自身をみつめ堪えるさまは力が静かに入って巧みだ。この映画の佐藤ほどではなくても、誰でもとは言わないが、少なくとも私には少年時の杜撰さを修正できないままにずっと引きずってきたという恥ずかしい思いがあって、はっとさせられる。根深い性向が生き方に反映されてしまうということだろうか。映画(芸術・娯楽)は束の間悪を許しその時間のなかでどんどん展開する。視聴者も悪に同化してその行く末を見届けたいと思うが、現にそう思わせる点ではこの映画は十分に成功している。
  冒頭の浅野内匠頭の墓前で浪士たちがそろって額づく場面。暴風が吹いて満開の桜が飛び散り、墓石もぐらぐら揺れる。うろたえる浪士やまわりの町人。桜が暴風に飛ばされるところなどよく思いついたもので、不穏な空気がよくでている。衣装もいい。モノトーンで統一された浪士にたいして二人の女性のその色彩の豊かさ。荻野目洋子の真紅と家老の石橋蓮司の金色は極彩色というべきで、浪士との対比において鮮やかだ。ラストのカーテンコールまがいの場面もいい。顔のできものをすっかり落とした高岡と佐藤が薄い映像になって向き合う。生き返ったような幻想の世界だが、これからやり直そうとでもいうような抒情性を受け取った。私たちの人生ははじめからやり直すことなんて根本的にはできないものだが、やり直したという思いが映画や他者から発せられると、さらにその欲求の痛切さやゆたかさをもともに受け取ることができると、はっとする。
   ★★★
関連記事
スポンサーサイト
    13:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/565-3b732536
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク