大洋ボート

『万葉集』巻三・390,396、408,414

軽の池の浦廻(み)行き廻(み)る鴨すらに玉藻の上にひとり寝なくに(390)


  作者は紀皇女(きのひめみこ)。天武天皇の皇女であるが伝承は不明らしい。池を泳ぎまわる鴨にたとえて、鴨でさえ一人では寝ずに伴侶といっしょに寝るのに、私は一人で寝なければならないことだ、という寂しさが歌われている。歌の感触からするとこの「ひとり寝」は固定的でかなり長期にわたって持続するのではないかと作者によってとらえられ、慨嘆されている。伴侶と死別したのか、生き別れなのかは不明だが、大きな恋愛が充分に遂げられないままに終わってしまったという事態をまっすぐに見据えている。人生の大きな転換点を迎えて現在があり、静止的だ。

陸奥(みちのく)の真野の草原(かやはら)遠けども面影にして見ゆというものを(396)


  作者は笠女郎(かさのいらつめ)で「大伴宿禰(すくね)家持に贈る歌三首」のうちの一首。「陸奥の真野の草原」は現在の福島県南相馬市にあたるそうだ。そんな遠い地でさえ心に思えば姿が見えるというけれども、あなたの姿はうまく思い描けない、寂しい、早く会いたいということだろうか。終わったのではなく、現在進行形の恋愛の心情で、やはり浮き浮きしたところが感じられるし若さもある。      
  その大伴家持が大伴坂上大嬢(さかのうえのおほおとめ)に贈った歌が次に引くもの。ちなみに「大嬢」は長女をさし、大嬢の母は大伴坂上郎女(さかのうえのいらつめ)で家持の父旅人の異母妹であり、父は大伴宿奈麻呂(すくなまろ)で、旅人の弟にあたる。後に大嬢は家持と結婚するそうだが、大嬢の父母と同様たいへん血の濃密なつながりである。家持と大嬢はいとこ同士になる。

なでしこがその花にもが朝な朝な手に取り持ちて恋ひぬ日なけむ(408)


  あなたがなでしこの花であったらよいのに。そうしたら毎朝手に取り持って恋しない日はないだろう、離れている今よりももっともっと恋することができて、私は幸福の極みだろうという意か。青春の日のラブレターにあたるのだろう。笠女郎の歌もラブレターだが、寂しさ、一途さが感じられるのにたいして家持のこの歌にはそれよりも恋する感情を相手に伝えることそのものの楽しさがありそうだ。おそらくは大嬢を十中八九手にいれることができるだろうという楽観があるのだ。大友家は名家で、家持という人も裕福であったにちがいなく、異性へのあこがれに目覚め始めたころにはこうしたラブレターを多くの女性に贈ったのではないか。

あしひきの岩根こごしみ菅の根を引かば難(かた)みと標(しめ)のみぞ結ふ(414)


  同じく大伴家持の歌だが、誰(女性)を意識して歌ったのかは不明。「岩根こごしみ」は岩がごつごつして険しいので、の意。女性=菅の周囲の監視のきびしさを指し、第5句の「標のみぞ結ふ」にかかる。「標結ふ」とは印をつける意で、ここでは女性と将来を約束することにあたる。みだりに手を出せないのでひそかに約束だけをしておこうということだ。そうすれば必ず将来女性をものにすることができる。菅という植物はもともと根を深く張って引き抜きにくいものだそうだが、それを女性にたとえ、さらに女性自身ではなくその家族の監視を岩のごつごつしたさまになぞらえた。私はこの歌でも家持の女性にたいする楽観性を受け取る。家持の身分の高さや裕福さ、さらに家持自身の女性に持てるという自信があったのではないかと推測するからである。この歌にはそれらからくる余裕が感じられる。もしもその女性が手に入らなかったとしてもスペアはいくらでもあるというような。逆にいえば、私の伴侶はどうしてもあなたでなければならないという切羽詰った感はうかがえないのだが、どうであろうか。
  当時は一夫一婦制ではなく、とくに男性においてはそれにもとづいた道徳観もなかったであろう。笠女郎の家持に贈った歌三首のなかに「奥山の岩本菅を寝深めて結びし心忘れかねつも」(397)があり、414と言葉がかさなる。そこから414は家持が笠女郎に贈り返した歌ではないかと推測したくもなるのだが、さすがに大伴坂上大嬢に贈った歌と近接して並べるのをはばかって、家持自身か編者がぼかしたのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
    14:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/553-84b9e7bf
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク