大洋ボート

魂萌え!

 定年後まもない夫に先立たれた妻、風吹ジュンの自立の物語。それまでとはまったくちがう扱いを他人から受ける、つまり自分がまるで他者になったような時間が訪れる、そこが面白いと思った。だが自分はあくまで自分で、他人の視線にも理由があるので、体勢を立て直して「他者のような」自分を真の自分としてくり込んで行かなくてはならない、その部分に惹かれた。

 葬儀のあと間もない頃、女性から電話がかかってくる。亡夫の知人だと言うが、風吹は知らない。それに電話の声に謎めいたところがある。やがてその電話の主が焼香に訪れるが、この人が亡夫の愛人であった三田佳子である。独特の雰囲気がある。図々しさと亡霊のようなか細さと、それに悲しみをあわせもったというのか。この一連の流れの三田佳子がなかなかの雰囲気で、だてに長年女優をやってはいないな、と思わせる。無論、愛人の存在など風吹ジュンは知らなかったので、愛人の目からすると、自分が「本妻」として妬まれ、また愛人なりの悲しみを押しつけられる存在にまで急変する。それを自覚させられる。

 もうひとつ「他者のような自分」になってしまう話がある。渡米中の長男が葬儀もあって帰ってくるが、遺産相続のことやら、自宅の扱いのことやらを図々しく、母風吹ジュンに要求してくることだ。夫に代わってにわかに家長の役を担わされ、また長男のまったく知らなかった一面を見せつけられるのだが、この戸惑いにも共感を持った。

 あとの部分は冴えない。身よりのない老人、借金まみれの男、一見幸福そうでも長い家庭不和のもとにある男、などが登場するのだが、いくら風吹ジュンがそれまで専業主婦であっても、マスメディアなどで知るところではないか。少女のように驚きの表情を浮かべるだけでは物足りない。小説だったら、「こう感じた」「こう思った」という文章で締めくくってさまになるが。川面をはさんだ満開の桜や、映画「ひまわり」の映像はうつくしいが、映画全体に溶け合うまでにはいかない。
関連記事
スポンサーサイト
    23:23 | Trackback : 6 | Comment : 1 | Top
Comment
2007.02.11 Sun 12:22  |  あかん隊 #t50BOgd.
初めまして。TBをありがとうございます。
おっしゃるように、変化する自身を「自分自身」として取り込んでいく、この過程が、実におもしろかったですね。
TBありがとうございます。  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/55-76017a57
あらすじ定年を迎えた夫と平穏に暮らしていた敏子(風吹ジュン)の日常は夫が心臓マヒで急死したことで一変する。葬儀の後、夫の携帯電話にかかってきた見知らぬ女性からの電話で明らかになる夫の浮気、8年ぶりに現れ強引に遺産相続と同居を迫る長男・・・。感想風吹ジュ... 2008.05.04 14:06
あなたの妻でいて、幸せでした。でも、私のもうひとつの人生が、始まります。 ■監督・脚本 阪本順治 ■原作 桐野夏生(「魂萌!」新潮文庫) ■キャスト 風吹ジュン、三田佳子、田中哲司、常盤貴子、加藤治子、豊川悦司、寺尾 聰  □オフィシャルサイト  『 2007.02.25 21:38
あなたの妻でいて、幸せでした。今、私のもうひとつの人生が、始まります。 2007.02.12 14:13
小気味よくて、好きになった。普段から、ご主人や息子、娘に良いようにされている、と 2007.02.11 12:22
監督 阪本順治 出演 風吹ジュン、加藤治子、三田佳子 もし、この作品が女性監督の手で撮られていたら……。こういう仮定はよくないことなのかもしれないけれど、どうしてもそう思ってしまう。 風吹ジュンを中心にした同級生4人組の関係がすっきりしすぎている。いがみ 2007.02.10 11:05
特に燃えるわけでも萌えるわけでもない・・変わりたいと言いながら、愛ルケするわけでもない・・はじけそうなのにはじけきれない、そんな59歳主婦の葛藤・・ 関ロ敏子(風吹ジュン)は専業主婦、夫隆之(寺尾聰)が60歳の定年退職から3年を過ぎて心臓麻痺により、あの 2007.02.10 02:04
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク