大洋ボート

『万葉集』巻二・107,108,109

  大津皇子(おほつのみこ)もまた有馬皇子と同じように謀反を疑われて極系に処せられた皇族である。有馬よりも時代は下って686年(朱鳥元年)10月3日、大津24歳である。天武天皇崩御後わずか25日目の事件であり、ときの持統天皇派の謀略ともいわれる。持統は次代天皇に長男の草壁皇子を引き継がせたかったが、大津皇子という人も次代天皇の有力候補と目されていたという。両者はともに天武天皇の子供で、系図によると草壁が第二皇子、大津が第三皇子で、大津の母は持統の同母姉の大田皇女(おほたのひめみこ)となっている。持統は第38代天皇の天智の皇女であり、天智と天武は兄弟であることは有名だ。このあたり古代皇族は近親者同士の結婚をくりかえしていたことがわかる。大津にとって持統は父の兄の子という観点からみると従姉弟にあたり、母の姉という観点からみると叔母にあたる。
  この大津皇子の事件を『万葉』もとりあげている。草壁の愛人であったとされる石川女郎(いしかわのいらつめ)を登場させ、大津が石川に手を出したことになっている。「姦通」事件といえるのかどうか。だがこの男女関係が主原因となって大津が葬られたとは受け取りにくい。事実ならば、大津非難の理由のひとつにはなるだろうが。

   大津皇子、石川女郎に贈る御歌(みうた)一首
あしひきの山のしづくに妹待つと我立ち濡れぬ山のしづくに(107)
   石川女郎の和(こた)へ奉(まつ)る歌一首
我(あ)を待つと君が濡れけむあしひきの山のしづくにならましものを(108)


  107番は、私としては不吉さを感じる。「山のしづく」という言葉が2回出てきて調子が悪く、歌の出来はいいとはいえないとは思うが、「山のしづく」には不吉な世界に深入りしてしまってもはや後戻りできない、そんな自分に変貌してしまったという無類の寂しさ、冷たさを受け取ってしまう。想像をたくましくすると、すでに肉体関係を持った両者が何回目かのデートの約束をしたが、事情があって女性が行けなくなった。それを知らずに男はいつまでも待っていたということになろうか。「山のしずく」は梢などから落ちる水滴で、大津の身体を冷え冷えさせてしまったのであろう。だが、それは待ちぼうけを食わされた、山のしづくに身体を濡らしてしまったというつまらなさ以上の感情が内在しているように思える。異母兄弟の女である人を好きになってしまったが、その気持ちをつづけよう、おそろしい世界に居つづけよう、そうであるしかないという暗い覚悟と諦めの表明であるように思える。
  この歌は大津自身の手によるものではなく、後代の作者によるものとの説もある。物語形成にあたって万葉編者が援用したのか、編者自身がつくったのか。そうかもしれないし、私は物語のフィルターから自由でないのかもしれないが。女性が男性をまちわびる歌は磐姫をはじめとして数多いが、男性がこのように女性を待ちわびる歌はめずらしく異様だとは別のテキストの解説にある。
  107と108はいわゆる「相聞歌」の分類がされていて108は107に応えた歌になる。会いにいけなかったことを申し訳なく思う気持ちもこめられているのであろう、冷たい「山のしずく」に自分がなりかわって、あなたを暖めてさしあげたいと親身に同情を寄せるのだ。応答としてはこれが精一杯なのだろうし、歌としても上出来の部類だ。だが、私にはこの応答はずれている気がする。記したような大津の暗い諦め、もっといえば地獄に落ちたような心境を石川女郎はわかっていないように私は受けとるのだ。私が男性なので同性に贔屓するのかもしれない。逆に、女性の待ちわびる歌を私は男性ゆえに心底まで理解しようとしないのかもしれない。そういう危うさをふりかえりつつも、こう書かざるをえないのだ。

大船の津守が占(うら)に告(の)らむとはまさしに知りてわが二人寝し(109)


  大津が石川女郎にひそかに関係を持っている最中に、津守連通(つもりのむらじとおる)という占い師にみてもらったところ、二人の関係がたちまち暴露された。それを百も承知でわれわれ二人は関係したのだという意味。「大船」は津守の「津」にかかる枕詞。津守連という人は官吏の占い師だから、二人の関係がはやばやと皇族の耳に入る、自分は非難される、それを知りながら、私は石川を抱いたのだという、豪胆といえば豪胆、やぶれかぶれの歌である。この歌はさすがに後代・別作者の作ではないだろうかと疑ってしまうが。
  万葉編者は大津皇子に同情的で、大津を陥れたかもしれない石川には侮蔑的である。後年歳をとって容貌が衰えたであろう石川が大伴宿禰田主(おほともすくねたぬし)という人に声をかけて見事に振られるてんまつを物語にしているが、容貌云々ということではなく大伴宿禰田主もまた大津事件と石川の関わりを知っていて、石川を嫌ったのではないかとの推測に私は導かれる。万葉編者が大伴に唱和することで、歌集のうえで石川に意趣返ししたように見えなくはない。

日本古典文学全集〈2〉万葉集 (1971年)日本古典文学全集〈2〉万葉集 (1971年)
(1971)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
    17:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/534-9dbd87ad
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク