大洋ボート

『万葉集』巻二・88

  第二巻の冒頭から四首は、編者が仁徳天皇の皇后磐姫(いわのひめ)の天皇へのせつせつとした恋心を歌ったものとしてまとめたものであるが、注釈によると古来からそれぞれ別個の作として伝承されてきたもので、自然な成り行きで磐姫と四首が結びついて伝説化されたとある。磐姫は仁徳の女性関係をはげしく嫉妬したといわれるが、歌を読むかぎりは磐姫という固有性に結び付けるべき特徴はない。家を長く留守にした夫を待つ妻の煩悶が読まれており、恋心であるかぎりは嫉妬もそこに含まれるのであろうが、それが激しさとして前面に出てくる風でもない。

君が行き日(け)長くなりぬ山尋ね迎へか行かむ待ちにか待たむ(巻二・85)
かくばかり恋ひつつあらずは高山の岩根しまきて死なましものを(同・86)
ありつつも君をば待たむうちなびく我が黒髪に霜の置くまでに(同・87)
秋の田の穂の上に霧(き)らふ朝霞いつへの方に我が恋やまむ(同・88)


  85の「行き」は名詞で旅。86の「岩根」は大きな岩、「まきて」は枕にするの意の4段動詞。87の「ありつつも」はこのままでの意。
  夫はいつ帰ってくるのか。予定の日を過ぎても帰ってこないのか。何かあったのかと心配になる。居所がわかっていればそこが近ければ「迎え」にもいく、夫の帰路が一本道ならば途中まで出かけることもできる。そんな風に作者の身になって想像してみる。結局はあれこれ思いながらも待つことしか自分にはできないとの考えに落ち着きかけるが、そのつらさ、心のつらさは耐え切れないもので、死んだほうが楽なのかもしれない。死んで待つことの重さから解放されたい、という鬱屈した気分だ。寂しさや心細さ、また経済的な困窮の問題が背後にあるのかもしれないが、それらを「恋」として自分ひとりの心の問題として純粋化するのだ。「我が黒髪に霜の置くまでに」は、私たちがともすれば「恋」を短期間の情熱の高まりととらえがちなのに対して、それを含みながらも「こうするしかない」という諦めや覚悟がある。「霜」は白髪を指すから長期間を見据えている。
  だが私がいちばん心惹かれるのは88である。「秋の田の穂の上に霧らふ朝霞」の上三句は「我が恋」の序詞の形になっているが、これが映像としてつよく読者をとらえる。田の上にいつまでもはびこって退いてくれない霧の憂鬱さがどっしりと沈み込む。また、恋の煩悶の内容は何か、待つ身のつらさなのか別の事態なのか、それはわからない。恋のつらさといえばそれだけで読者に理解してもらえるという作者と読者の意識のつながりがこの歌の読まれた時代にはすでにできあがっていたと思える。比較的新しい歌であろうか。結果として字数の節約ができた。少し回り道になったが、もっと重要なことがこの歌にはある。田をおおう霧は形のうえではつらい恋の比喩となっているが、私の印象では主補が逆転していて田をおおう霧の比喩としてつらい恋が使われ援用されているように受け取れる。「秋の田をおおう霧のようにいつ消えてくれるのかわからない私の恋のつらさ」ではなく「私のつらい恋のようにいつ消えてくれるのかわからない秋の田をおおう霧」。そう読める。意味の相互関係を無視してそう読みたい誘惑にかられる。田をおおう霧を歌の中心的な映像としつつそこに「つらい恋」をこめる。ただ作者がこれを意識的にやったかといえばそうでもないのかもしれない。
  短歌にかぎらず詩の歴史にはこういう屈折点があって、表現領域の広がりや多様性が少しずつ獲得されていったのだろう。

万葉集〈1〉 (1976年) (新潮日本古典集成)万葉集〈1〉 (1976年) (新潮日本古典集成)
(1976)
青木 生子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
    02:15 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/528-bc4c1aca
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク