大洋ボート

『万葉集』巻一・64、65

葦辺行く鴨の羽がひに霜降りて寒き夕へは大和し思ほゆ(64)


  作者は志貴皇子(しきのみこ)で、文武天皇の706年の行幸(天皇の外出)にお供をして、大和を旅立ち難波宮(なにはのみや)に滞在した。期間は九月二五日から十月十二日までの二十日足らず。太陽暦では九月二五日は十一月九日となる。今とほぼ同じ時期にあたるが、ずっと寒冷であったらしい。難波宮は現在の大阪市中央区法円坂にあたり、上町台地の北端部付近。当時は上町台地の東西の両側は海であり、現在の大阪市の大部分はなかった。葦原は難波宮付近の低地の一帯に広がっていたという。
  葦の生い茂った水面に鴨が浮かんでいて、その背には霜が降っている。まさか水鳥の背に霜が貼りつくことはないが、自分の身に鴨を置き換えて痛々しいほどの寒さを作って寂しさの表現とした。広涼とした葦辺に一羽の鴨が目に付く。視線はさらに鴨の背に。(一羽とはかぎらないが、群れから離れた一羽であったほうが絵になる。私は自然に一羽が目に浮かぶ。)さらに背後にある故郷の大和の広がりがなつかしさとともに記される。このように一首のなかに三ヶ所の空間・場所がこめられていて、その移動が滑らかである。秀歌だと思う。なお、テキストには大和の家の留守をあずかる妻を偲んでいると読むべきとの注釈があるが、私はそこまでは読みとれなかった。単に自宅付近の空間の広がりをぼんやりと思い浮かべるさまを受け取ったに過ぎない。そのぼんやりしたさまが背に霜のついた鴨というくっきりした画像と対比的でうつくしいと感じたのだが。
  妻帯者は留守にした自宅を思うときは必ずや妻を思い浮かべるのだろう。そこに思い至らなかった私は野暮であるのか。それと歌には解釈に定型があって、それを土台にして歌人は歌を作るのか。
  もうすこし書いておこう。志貴皇子のこの歌は寂しさの表現としてすぐれている。寂しさならそれを表現として追求する人はもともと寂しいのであって、たとえ自宅でくつろいでいたとしてもその寂しさは芯にあるものとしては不変であっただろう。故郷大和からのしばしの離別というたまたまの境遇を表現の装置として借りたとはいえないか。歌詠みとしてもとめる寂しさと実際的な寂しさがかさなった。それがこの歌の場合、ぴったりはまった。
  同じ行幸に付きしたがった長皇子(ながのみこ)の歌がつづいて載せられているが、まったく対照的だ。

霰(あられ)打つ安良礼(あられ)松原住吉(すみのえ)の弟日娘(おとひをとめ)と見れど飽かぬかも(65)


  「霰打つ」は実景としても「安良礼」にたいする語呂合わせ的枕詞としてもどちらにしても面白い。長皇子という人は、志貴皇子の歌とはちがって故郷=自宅をはなれた解放感にひたっている。羽をのばしている。弟日娘というおそらく遊女であろう女性と仲良くなって、寝たあと二人で一緒になって外の風景を面白おかしく眺めている。霰が降ろうと一向に寒くない。歌としては無論深みはないものだが。編者はどういう心持でこの二つの歌を並列させたのだろうか。

万葉集〈1〉 (1976年) (新潮日本古典集成)万葉集〈1〉 (1976年) (新潮日本古典集成)
(1976)
青木 生子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
    23:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/526-2d0e75b5
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク