大洋ボート

盲獣(1969/日本)

盲獣 [DVD]盲獣 [DVD]
(2007/11/22)
緑魔子.船越英二.千石規子

商品詳細を見る

  盲目の彫刻家の船越英二が有名モデルの緑魔子を誘拐・監禁し、触感をたよりに緑の裸身像を制作する。船越の犯罪と制作を援助するのが船越の母の千石規子。まるでありえない話だが、原作が江戸川乱歩と聞くと納得するしかないか。しかし、そのことも含めてやはり作りがあまりにも粗っぽい。
  監禁された緑は隙を見て何回も逃走を試みるが、その都度発見されて失敗。さらには千石にたいして息子への異常なまでの愛情を指摘して、嫉妬をかきたてようとする。千石はまんまと乗せられて緑に息子をとられると思って怒り狂うが、緑との乱闘のさなかに頭部を打撲して死んでしまう。いよいよ逃走がしやすくなった緑だが、どうしたのか急変して船越との性愛に熱中する事態となり、さらにはサド・マゾの世界に耽溺し、船越ものっぴきならず引きずられる。
  身体障害者の隠微な愉しみの世界、息子をめぐる母と「恋人」の対立、性の世界の深淵等々、いろんな重いテーマが詰め込まれすぎている。そのひとつひとつの追求がありきたりで、もう少し見たいと思うと次の展開に移ってしまう。それぞれがごちゃごちゃに接木されているという印象がぬぐえない。
  1970年前後の日本映画はすべてではないが、暴力と性にこだわりを見せた。同時代のテレビ界の隆盛に押されて映画界がしだいに衰退していくなかで、映画制作者はテレビには無い世界を追求したかったのかもしれない。そういう世界が観客動員に資するとの目算があったのか、それともいったんその世界を追求してしまうと、もっともっとと前のめりになったのか、私にはつまびらかにはできないが、日本映画が暴力と性におおいにいろどられた時代にはちがいなかった。そして制作者(監督やシナリオライター等)の数も時間もかぎられていて、どうしても粗製濫造の傾向に陥りかねなかったと見える。この映画にしいて美点をさがすとすれば、増村保造監督の力のこもったクソ真面目さと、それに応えた船越英二と緑魔子のひたむきさであろうか。それにスタッフがおおいに工夫したであろう「アトリエ」に林立するオブジェの斬新さ。
   ★★
関連記事
スポンサーサイト
    23:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/521-59fc6b9b
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク