大洋ボート

居酒屋ゆうれい(1994/日本)

居酒屋ゆうれい [DVD]居酒屋ゆうれい [DVD]
(2003/08/20)
萩原健一、山口智子 他

商品詳細を見る

  人間には少しいい加減なところがある。しかし大部分は善意で形成されていて、善意でそのいい加減さをうしろめたく思ったり申し訳ない気持ちになったりもする。この映画が描く人間像で好感がもてた。怪談仕込みのコメディといったところだが、あまりドタバタ調に陥らずに、どちらかというと落ち着いた空気で進行するのもいい。
  萩原健一は小さな居酒屋を経営しているが、妻の室井滋に病気で先立たれる。死に際に、再婚はしないという約束を二人で交わすが、室井の死後まもなく、萩原は身内の紹介で山口智子と再婚を果たしてしまう。そこへ室井の幽霊が出現して約束を破った萩原と山口をなじり、気持ち悪がらせるという展開になる。二人はこわがって室井の成仏を頼みに寺を訪ねると、住職は幽霊を封じ込めるご利益があるという掛け軸を貸してくれる。掛け軸には滝を背にした女性の幽霊が描かれている……。
  幽霊とは現世に生きる人間が堪らないようにして生み出さざるをえなかった幻だろう。死者は現世に未練をもっている、もう少し生きていたい、生者に伝えたいことが山ほどある、まして生者の側には死者にたいする何らかの後ろめたさがある、こういう生者の死者にたいする思いやりが生み出した幻だ。また生というもののはかなさ、寂しさの感情も勿論はたらいている。死というものがなかったならば、という果たせない願いがそこには込められている。そしてこの映画の場合、室井滋の幽霊にははげしい恨みは見出せないので、表立った深刻さはない。死に際の約束を萩原が破ったというその一点だけが残念で、それ以外は愛し合い仲良く暮らすことができたというよい思い出で満たされているから、少し嫌がらせをしてやろう、困らせてやろうというという以上にはふるまわない。あまり怖がらせないどころか、幽霊の超能力を行使して窮状を救ってやることもするのだ。
  萩原は約束を破って再婚したことはどうだろう。どれくらいの割合になるのかはわからないが、再婚をしてしまう人と、かたくなに約束を守って孤独を守り通す人と二通りに別れるのだろう。私を例にとっても、山口智子のような若くてピチピチした女性が目の前に現れた場合、目の前の幸福がみえて約束を破りたくなる気になるのは想像できる。つまりは私も恥ずかしいことだが、約束にたいして心の隅々まで忠実ではないということだ、いい加減だ。実際にどうするかはその状況になってみないとわからないが。そしてそういう萩原のいい加減さにたいして室井滋は心の底では許してくれていると読み取れる。助け合いの精神がはたらいている、といえば説教調になってしまうが、ちょっと不可思議な、いい気分にはなれる。
  居酒屋の客の三宅裕司や橋爪功、そして山口智子もそれぞれ過去を引きずっている。これらが萩原夫妻の過去の伴奏になっていて効果的だ。人間誰でも屈折した体験を秘めているということだろう。俳優陣はこの映画の趣旨を理解して楽しそうに演じていて、盛りあげている。とりわけ室井滋と山口智子がよく、そのあいだで萩原健一はヤジロベエのように巧まずしてバランスをとっている。
   ★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    13:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/516-145901ad
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク