大洋ボート

イージーライダー(1969/アメリカ)

イージー★ライダー コレクターズ・エディション [DVD]イージー★ライダー コレクターズ・エディション [DVD]
(2011/01/26)
デニス・ホッパー、ピーター・フォンダ 他

商品詳細を見る

  自由な空気がいい。ピーター・フォンダとデニス・ホッパーがマリファナであろうか、麻薬の仲買をしてまとまった金を手に入れて広いアメリカをオートバイで旅する話だが、全編に当時流行ったポップスが挿入される。しかも「さわり」ではなく曲の頭から終結部までまるごと流される。私が好きだったザ・バンドの「ウェスト」が、かつて西部劇の舞台となったモニュメントバレーと呼ばれる奇岩が並ぶ砂漠を走行する場面で流れるが、ご機嫌な気分になれる。西部劇では背景であったが、ここでは風景そのもので、射ち合いなどはなく平和で自由で、夕日が洗い流すようにやさしく照る個所は、それだけでもこの映画の値打ちを大きく高めている。二人が(三人だったか)オートバイから降りて夕日を眺めやる場面は、だれでもそうするだろうなあと納得させる。それに例のハンドルの位置を高くして、前輪を従来よりもより前方にせりださせた改造オートバイのかっこいいこと。
  ストーリーはややこしくなくて単純だ。60年代後半のアメリカの若者層の時代的な様変わりや、それを苦々しく見るどころか憎しみさえ抱く保守層の存在が、映画としてたいへん効果的に描かれている。ピーター・フォンダとデニス・ホッパーの二人もそういう若者層の一角で、保守層からもそう見られる。ベトナム戦争が盛んだった時期であり、若年層の一部は徴兵忌避をして逃げ出した。ヒッピーとなってマリファナを吸ったり、従来の家族の枠にとらわれずに男女が集団生活をする「コミューン」が形成されたりした。またとくにそれら若者層のような先鋭さとは無縁であっても、カトリックのために避妊が禁じられて子沢山になってしまった家族とも出会う。「ロードムービー」だからさまざまな人々と出会い、生活の一端を知ることになる。保守層をのぞいては疲れがうっすらと感じられるのではないか。一方、その保守層にとってはしだいにドロップアウトの度を増す若者層は、アメリカを内部から蝕んでいく存在に映って、真面目な危機感を抱かせたのだろう。
  二人が保守層から目をつけられるのは長髪のためである。これは同じ時期外国の音楽文化に影響されて長髪が大流行した日本とはかなりちがって、書いたような内容での反体制派の目印として長髪が保守層から見なされたのだ。保守層の政治的立場はともかくも、この映画で描かれるほど暴力的なものなのかは、私には不明だ。冒頭で記した自由の感覚、それと裏表になったピーター・フォンダらのあっけないほどのはかない生が印象に残る。ストーリーをこねくりまわすのではなく、当時のアメリカの現実を反映して当然のように出現した映画で、アメリカ映画の歴史のなかに刻まれる一本だろう。
   映像的な試みもある。「謝肉祭」の場面の撮り方はフェデリコ・フェリーニ監督の影響が強いのかなと思ったが、そのあと一連の短いカット割りの映像は創造的破壊として後世に受け継がれたようだ。空や風景に混じって一見無関係な女性ヌードが表われ、繰り返されるのだが、同じような映像作りが日本でもずいぶんとマネされたと記憶している。
    ★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    13:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/512-a61b3130
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク