大洋ボート

原発再稼動問題

  野田首相はじめ政府首脳は、福井県大飯原子力発電所の再稼動についてどう考えているのか。どうやら再稼動させたい意向のようだが、メディアからはあまり強くは伝わってこない。伝わってくるのは大阪氏の橋下市長をはじめ地元周辺の自治体の長や大飯原発を管轄する関西電力の意見ばかりである。関電は無論再稼動させたいようだが、橋下市長はじめ周辺自治体の長は安全性を疑問視して再稼動反対に傾いているようだ。だがまるで再稼動が関電と地元および周辺自治体との交渉で決定してしまうかのような印象をもたらしてしまっているのではないか。ちなみに福井県の西川知事は再稼動賛成の立場であり、西川は政府に関西圏の自治体の長への説得を期待している。私も賛否はまずおいて、この問題にたいする政府の明確なメッセージを期待する者の一人であり、その意味では西川知事と同意見だ。
  私はどちらかというと再稼動してもらいたいという立場だ。再稼動がない場合の過度な節電や計画停電、あるいは予期しない停電等が嫌だからだ。経済と生活への負担が大きいからで、そうなれば「災害」とまではいえないにしても小さからぬ打撃になることは明らかだ。原発を全面的に停止させたままで明るい未来が開けてくるとは私には思えない。太陽光発電などの再生可能エネルギーが代替できるまでには相当な年数がかかるとはメディアが伝えている。それに「脱原発依存」という思想は実情を無視した感傷ではないかと疑っている。勿論再稼動には大飯原発が安全だというお墨付きが必要で、政府にはそれを発信してもらいたいのだが、安全でないというならば再稼動はすべきではないだろう。そこまでゴリ押ししてもらいたいとは思わない。
  ただ「安全」といっても絶対的な安全はない。去年並みの地震と津波がきても大丈夫とたとえ想定されたとしても、去年以上の規模の地震と津波が来ないという保障はない。シロウト考えだが、原発の電源喪失のさいの緊急電源装置の稼動を緊張感を持って用意・待機してもらいたいと考えるところだ。
  電力会社の情報開示が遅れる、変わる。新規の安全基準が作られていない、それを担って監督するあらたな行政組織がいまだ発足していない、原発における理想的な防災工事の完成には何年もかかる、等々、問題は山積みであるが、それらを万全にする時間はこの夏までには残されていない。だが暫定的な安全基準というなら作成できるだろうし、それを主導するのが政府首脳の役割であり、それこそが「政治主導」と呼ぶべきものではないか。さきほどテレビの討論番組で民主党の前原政調会長がまもなく(数日のうちだったか)野田首相はじめ主要閣僚が会合して原発再稼動問題での意思決定を公表するとの見通しを述べていたが、遅い気がする。
関連記事
スポンサーサイト
Genre : 日記 日記
    11:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/502-ce03904c
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク