大洋ボート

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

  イギリス元首相のマーガレット・サッチャーの政界引退後の姿が描かれる。サッチャーは認知症が進行するらしい。そうでなくても国家的重要人物であるから厳重なセキュリティによって保護されているらしく、その行動は自由が制限されるようだ。冒頭、サッチャーがスーパーで買い物をする場面があり、店の人はだれもその老女がサッチャーであることを気づかない。結構幸せな姿ではないかと思ったが、彼女が帰宅してみると娘さんをはじめ警護の人たちがピリピリした雰囲気になっている。どうやらサッチャーが周囲の目を盗んで自宅から抜け出したものであるらしい。
  認知症についてくわしいことを私は知らないが、この映画では過去と現在との区別が明瞭につかない症状としてもっぱら描かれる。いつも笑顔をたたえて傍にいて何かにつけてなごませてくれる夫は、実はすでに他界している。原色の生地をターバンにして頭に巻きつけておどけてみせてサッチャーを微笑ませる場面など印象的だが、しばらくのちには、サッチャーは夫がもはや傍にいない存在であることを気づく。それがサッチャーのなかで何回も繰り返される。音楽でいえば短いメイン・メロディというところか。彼女はまた、依頼されて自著にサインをするが、何冊目かにマーガレット・××と旧姓をあやまって記してしまい、これも認知症のせいとさる。だが何かにつけて、現在の行為のさなかから過去の世界に向かって連想がはたらくことは私たちにもしばしば見られることであり、病魔による特異な世界とはいえないだろう。ともかくも、この断続的な連想によって、サッチャーの若かりし時代から政界トップの座に上りつめ、やがては人気を失い、側近からも離反され、引退に追い詰められるまでが、現在のサッチャーの生活とは別に描かれるのだが、ここはわかりやすい。わたしたちがニュースで断片的にえているイギリス現代政治史のおさらいであるからだ。実際のサッチャーが彼女独自のふり返り方をするようには見えない。無論、政界においてしてきたことには後悔はないように見える。
  才能があり人まねではない見識があれば、さらに行動力があれば人が集まってくる。だがあまりに妥協がすくないと反発も買い、やがては人は離反する。そんななかでたったひとり夫という存在がのこる。彼が他界してもその面影は強くのこり生涯にわたってなぐさめ、なごませてくれる。多くの人が去っていくなかで一人の(あるいはごく少数の)人だけが身近によりそってくれる。これはサッチャーという政治的世界の大物でなくても、私たち市井の者がたやすく理解できる人生の真実であり、救いでもある。
  この映画に不満があるならば、サッチャー(映画のなかの主人公として)の視点からのみ現在と過去が描かれているところか。周りの人がサッチャーをどう見たのかがまったくわからず、狭苦しくものたりない世界である。またサッチャーを演じたメリル・ストリーブは好演で文句のつけようがないが、他にこの役をするとすればだれがいるのか、私が無知なこともあるが思い浮かばない。50代後半以上の女優の層のうすさとして感じたところだ。
      ★★★

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(メリル・ストリープ主演) [DVD]マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(メリル・ストリープ主演) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
    11:39 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/497-22a7b57d
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク