大洋ボート

異人たちとの夏(1988/日本)

あの頃映画 松竹DVDコレクション 「異人たちとの夏」あの頃映画 松竹DVDコレクション 「異人たちとの夏」
(2012/01/25)
風間杜夫、秋吉久美子 他

商品詳細を見る

  風間杜夫が吸い込まれるように浅草の町にあらわれる場面。そこから映画が生き生きとしてくる。浅草はかつて風間が子供時代を過ごした町だが、両親が交通事故にあってそろって死んでから実家はなくなった。それから三〇年ほどの歳月が過ぎて、風間はテレビのシナリオライターをしている。その取材の帰り道、地下鉄の表示板に「浅草」の文字をみつけて、ふと寄ってみたくなったのだ。演芸場に入ると、客席から聴き覚えのあるかけ声が聞こえてくる。近づくと顔にも覚えがある。記憶にある父(片岡鶴太郎)とそっくりではないか。「まさか」と思う風間。だが劇場がはねて、片岡のあとを追うようについていくと片岡は風間に向かって旧知のように「うちにこいよ」と気軽に声をかける。疑いながらも、なつかしさに駆られて同行する風間。夏の盛りの夜、クーラーもない安アパートの一室につくとそこには母・秋吉久美子の姿もあるではないか。
  この辺から、映画は風間杜夫の空想の領域に入ったことが視聴者にはわかる。盆の季節でもあるから、冥府から両親が一時的に子供の風間に会いに来たのだ。しかも両親は感涙にむせんだり、喜びを大げさに表現することもなく、実にゆったりとしている。生前と何一つ変わることなく仲のよいところをみせてくれる。立派に成長した風間を眼にして安心するかのようだ。窮屈さがなかなか抜けきれない風間だが、それから何回もアパートを訪れることになる。食事をしたり、「おいちょかぶ」に興じたりと三人はくつろぐ。
  盆休みに普段足がとおのいている両親に会いに実家へ帰るのと似ているが、どこかちがうのだ。あれこれ聞きただしたり、よけいな心配をしたりお節介を焼いたりはしない。病苦に衰弱するのでもない。自分たちが「死者」であり、相手が自分たちの子供であってもすでに生前に毎日接していた「子供」ではなく、立派な大人であり「生者」であることを知っている。「生者」の世界のこまかいことに口出しはしない、また実際的には何も知らない。ただ目の前にいる風間を見て、その成長した姿をみてゆったりしながら喜ぶ、それだけで二人にとっては十分であり、風間にとっても十分なのだ。大人になった風間の眼からみると片岡は威勢のいいすし職人であり、秋吉はずいぶんと色っぽい。また二人はくだけた言葉で話しあって、仲のいい夫婦がもつ得がたい空気を発散する。
  じわじわと泣けてくるのだ、片岡・秋吉の二人と風間の逢瀬の場面は何回かあるが、二人がこんなに仲がよく健康的で、お手本のような夫婦であったことを今さらながら気づかされる風間に、視聴者はいつのまにか寄り添うからだ。子供時代には無意識だった両親がこんなに立派だったとは! 風間によって美化された部分があるのかもしれないが、ただ死んだ両親をなつかしむというだけにはとどまらない。眼にしているのは死者でありながらも、そのふくよかな世界が現に生きている風間、あるいは視聴者には何と欠落していることか、そんな思いに自然に駆られてくる。
  映画のはじまりの部分では、風間杜夫はすでに離婚して全財産を妻と子供に持っていかれている。しかも仕事仲間の永島敏行に、前妻へのプロポーズと風間との絶好をうちあけられる。どうということもないというポーズをとる風間だが、実はこのことが風間にとっては大打撃であり、自殺願望をも引きずり出すようであり、そのことが両親への空想につながっていく。くわしくは書かないが、にわかに恋人になる同じマンションの住人・名取裕子も重要な役どころだ。
  夏といえば、酷暑やそこから逃れるリゾートなどがまっさきに思い浮かべられるイメージだろうか。しかし盆の行事の季節でもあり、最近はそれほど盛んではないが怪談がもてはやされる時期でもある。その意味で、この秀作も「夏の映画」の一代表作として定着するのにふさわしい。くどいが、ラスト近く「さようなら、お父さん、お母さん」という風間の言葉がある。そして片岡と秋吉の声だけがふたたびながれて映画はとじられる。しみじみする。
    ★★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    15:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/484-e74d5afc
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク