大洋ボート

ケビン・メア『決断できない日本』

決断できない日本 (文春新書)決断できない日本 (文春新書)
(2011/08/18)
ケビン・メア

商品詳細を見る

  私は抑止力という名の軍事力の存在を肯定する者である。とくに昨年の尖閣列島付近での中国漁船の海上保安庁の巡視船にたいする体当たり事件の報に接したときにはあらためてそう思った。尖閣列島の領有権は日本に帰属することは明らかであるが、中国は後出しジャンケンのようにその領有権を主張しだした。中国漁船の船長もそのことに意を強くしての暴力的な行動であっただろう。尖閣列島のみならず、中国は南シナ海の島嶼の領有権も主張してベトナムやフィリピンとの争いをこじらせている。尖閣の件は海保が中国人船長を逮捕したことでケリがついたが、もしアメリカ軍が沖縄に存在しなければもっと中国は強硬な態度に出るのかもしれないとも思った。(その後、船長は「那覇地検の判断」によって釈放されたが、釈放自体は私は賛成であったが、中央の政治判断を回避する形で責任を一地検に押し付けたことはおおいに疑問であった)
  著者のケビン・メアが言うように非武装では国の平和と領土は守れない。アメリカ軍は戦後以来ずっと日本に居座りつづけたという言い方もできるが、日本に憲法9条があるかぎり、日本独自で十分な攻撃能力をもった武装はできない。そこで日本はアメリカと安保条約を結び、アメリカ駐留軍を抑止力とした。だがアメリカ軍は日本を守るためにのみ日本に存在(プレゼンス)するのではない。アメリカは日本に嘴をはさませないところで独自の世界戦略を構築するので、それに基づいてのアメリカ軍の存在なのだ。アメリカ軍は十分な攻撃能力を有していて「有事」の際にはそれが中国や北朝鮮に向けられることは可能性大だ。(みずからも明言している)またアメリカ本国からアジア・中東方面に軍が移動する際の中継基地としても機能する。つまりアメリカはその軍事行動を事前に日本に了解をとりつけようとしたり情報提供することがあったとしても、最終的にはアメリカが決定権をもっているので、それを「抑止力」として日本独自では動かせない。またアメリカの軍事行動が100%妥当であるともかぎらない。「有事」においては、日本はアメリカにふりまわされることになる。にもかかわらず、アメリカ軍の存在は必要だと私は考えざるをえないのだ。日本がかつて共産主義よりも資本主義を選んだからであり、現在「共産主義」の思想的衰えは顕著だが、いまもって中国やロシアは国家のありかたや社会ルールが日本とはあまりにもちがいすぎる、人権軽視の国であることが眼に見えるからだ。軍事同盟のような深い関係を結ぶなら、まだアメリカのほうがましだと誰もが判断するのではないか。勿論アメリカという国のありようが全部いいとは言わない。
  ケビン・メアは在日歴19年の長きにわたるアメリカ外交官である。また日本人女性を妻とする親日家でもある。最近の主な経歴でも2006年から沖縄総領事、2009年から国務省日本部長という要職にあった人だが、「沖縄はゆすりとごまかしの名人」という共同通信の捏造記事によって気の毒にも解任された。本書でもその発言の率直さが発揮されているが、沖縄の基地反対派や左翼的思考の持ち主からは攻撃のターゲットにされたようだ。だが彼は外交官だけあってアメリカの立場をわきまえていて確信的でぶれることはない。だから遠慮して日本人に奇妙な誤解を与えることもないのだ。たとえば鳩山元首相が首相当時、普天間基地を「最低でも県外に移設する」と公言したが、言下にこれを否定する。普天間の海兵隊と嘉手納の空軍と司令部は一体の運営でなければ機能を果たせないという。ここはメアは非軍人だから詳しい説明はないが確信的で、たぶん地理的に近接することが必要なのだろう。普天間の移設先がかりに見つかったとしてもアメリカ側は単独移設にはNOと応えたであろうことが容易に想像できる。鳩山内閣当時の岡田外相は普天間の嘉手納への合体を模索したことがあったが、これにもNOである。嘉手納は空軍で満杯状態で、海兵隊を受け入れる余地はないとのことだ。私も不勉強で、当時の鳩山首相に秘策があるのではと淡い期待を抱いたものだったが……。それ以前の自民党政府とのあいだで決定された辺野古沖移設案が最良だとのメアの見解はアメリカ政府と軍の主張でもあるだろう。鳩山の放言が沖縄県民の感情をこじらせたことは明らかだ。
  メアはまた日本に核をもてとか、憲法を改正しろとはいわない。現実に即した視線であるだろう。また安保条約を「片務的」とは言わずに「非対称的」と呼ぶ。これは日本が何もしないという安保に対する見方「安保ただのり論」を否定するものである。日本には基地を提供し、有事には民間施設まで提供し、後方支援も義務付けられているからで。何もしないのではない。日本が直接の軍事行動にたずさわらないから、アメリカ本土に日本の基地がないから「非対称」なのだ。
  ただメアの意見に感心するだけではいけない。沖縄や本土の一部地域にアメリカ軍基地があることは、その周辺住民に土地収奪や騒音やアメリカ兵の犯罪などで苦痛を強いることは重い事実で、アメリカ軍を礼賛する気にもたやすくはなれないものだ。基地周辺住民の犠牲のうえに立って私は安穏としているのかもしれない。まさに心理的には「安保ただ乗り」である。国際政治のこういう冷厳な現実をときどきは直視しなければならない。
関連記事
スポンサーサイト
    02:38 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top
Comment
2011.12.30 Fri 02:59  |  noga #sqx2p0JE
昔、「コーラは○○○、ボクシングはヤマトダマシィ」という宣伝文句があった。
闘争には、大和魂が有効であるということであろうか。大和魂とは、負けじ魂のことなのか。大和魂を発揮して頑張れば、その結果は沖縄戦のようになるというものであろうか。

悪くないものを悪いと言わせようとする恣意がある。これも、腹芸か、大和魂か。
その恣意が政治問題を何十年も膠着させている。
普天間基地の環境がどうしても我が国民に許しがたいものであるならば、政府は福島の第一原発のように「長期帰還困難区域」に指定すればよい。
この国の政治には、恣意の人でなく、意思の人が必要である。
さすれば、腹案ではなく、成案をもって問題は決着できる。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする (ちゃぶ台をひっくり返す)力は持っている。
だから無能力の我々は、常に耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲しなくてはならない。
和をもって尊しとなす。過ちは、繰り返しませぬから。
これは単なる感傷ではなく、我々自らの叡智をもって裏付ける行動に出なくてはならない。

日本人には意思 (will) がない。
意思は未来時制 (future tense) の内容である。
日本語には時制がない。
日本人には意思がない。

英米人の子供には意思がない。
この点で日本人のようなものである。
思春期を迎え、言語能力が発達すると、意思を表すことができるようになる。
英米流の高等教育 (大人の教育) が可能になる。これは、さらなる英語の教育である。
日本語脳の持ち主には、大人の教育の意味は理解できない。
日本人は英米流の大学教育を高く評価もしないし、効果も上がらない。

子どもには意思がない。
だから、子供には保護者 (chaperon) がついてきて、それを代行する。
日本政府にも、意思決定が難しい。
だから、アメリカ政府が意思決定を助けてくれる。
日本人の誰もが指摘する通り、我が国の政府は、アメリカ政府のポチである。
日本人は、自力でこの道を脱却できるか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

self-will  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/481-5901738d
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク