大洋ボート

恋の罪

  わずかな胸糞の悪さとともに解放感を受け取った。主要な3人の女性がことごとく性のもつ魔力にぐいぐい引っぱられていって終着駅のようなところまで行き着いてしまう。その間の性の描き方があまりにも開けっぴろげで、性をどれほど好きなのかに関わらず、性のもつ浸透力にほとんど全面的に身をゆだねてしまう。また、ストーリー展開も意識的にこまやかさを排除して乱暴なほどで、コミック的だ。これが胸糞の悪さを私にもよおさせたのだが、現在の映画の基準からすればぎりぎりの過激さでもないのかもしれない。他方、解放感とは、みずからの性の欲望を解き放ちながら、同時に性の世界に強く執着する人々を知るところとなる神楽坂恵にもっとも顕著にあらわれている。神楽坂は男に肉体をもてあそばれたり、仲間とともに管理売春の組織に強引に入れられたりする。つまりは性にまつわる出来事をことごとく体験してしまうのだが、そのあとに解放感が奇妙さをともなっておとずれるのだ。ただし、やりたいことをやってしまった、もやもやが吹き飛んでしまったという意味での解放感であり「解決」という意味をさすのではない。セックスの密室性や、じめじめした空気、そういうものから隔たった場所に彼女は移動させられる。そこは明るい日差しがさしこむ漁港で、まるで何事もなかったかのようにあっけらかんとした風景なのだ。
  刑事の水野美紀は、廃屋でバラバラ死体となって発見された富樫真の捜査を担当することになる。富樫は昼間は大学講師であり、夜はホテル街で「立ちんぼ」をして客をとる売春婦という二重生活をつづける女性だった。(「東電OL殺人事件」がヒントになっている)水野もまた夫にかくれての浮気が現在も進行中で、事件を人ごととは思えない。一方、これとは最初は無関係に、平凡ながら人も羨む幸福な主婦生活をおくるのが神楽坂恵。作家の夫を仕事場に送り出したあとは夫の帰りを待つだけの退屈すぎる毎日で、「何かをしたい」という思いがつのってくる。そしてコンビニでのアルバイトののち、女性スカウトに目をつけられてグラビアモデルの仕事に誘われる。だがそれは上辺で、実際はセックスを強要させられての撮影だった。さらにさらにその仕事から足を抜けきれないまま、特に金銭目的ではなく売春をつづける富樫真と知り合うことになる。
  既婚女性が夫以外の男性と性関係をもつことはモラルに反するといわれる。また既婚であろうとなかろうと売春をすることも社会的な非難の的になる。近親相姦も無論同じだ。モラルに反するセックスを行う当事者も勿論そのことは知っているが、バレなければ何事もないとも高をくくるはずだ。そしてフォークナーの『八月の光』を思い出したが、性の深部においてはそういう社会的モラルの声は聞こえてこないものだ。セックスにいくらのめりこもうともセックスそれ自体の作用で当事者が道徳的に罰せられることはありえないのだ。むしろひとりの異性と関係を持つよりは多数の異性と関係を持ったほうが、多数の人を知ることになり、社会的な広がりをももつことができるという面白さがあるのかもしれない、この映画にはそういう主張もふくまれており、わからないこともない。
  問題は幸福とは何かだ。神楽坂恵は人からその生活を羨ましがられるが、当人にとってはそうではない。また水野美紀は浮気相手と夫とをうまく操縦しているつもりだが、気疲れがつのってきて逃避願望にとらえられる。セックスがだれよりも好きなのが富樫真で、母から淫蕩と呼ばれて心底から軽蔑され憎まれようと売春を止めようとはしない。神楽坂は富樫ほどセックスが好きではないようで、事件のあとだからではなく富樫のような道を突きすすむことができない。はじめに記した解放感とは、神楽坂恵が性の世界に没入したのち性の外側にふたたび浮上してきたときの私のみた印象だ。そのとき社会的モラルもふくめてようやく自己を客観視できる立場に立てたのではないか。これからどうすればよいかと、神楽坂は自問自答するようだ。自分もセックスは富樫ほどではないにしても好きなのにちがいない。だが何も頭に浮かべずにその道をすすんでいけばいいのか、わからないのだ。神楽坂も夫にバレてしまって(これが三流映画みたいな偶然)元には戻れないのだが、現実の生活の次元ではなくもっと抽象的な問いかけであるようだ。
  富樫が神楽坂に講義するところによると、言葉は肉体を持つという。「舌を出してみて」と富樫は言う。「舌」も「唾」も唾が「糸」を引くのもそれぞれの言葉が肉体をもっている。前後するが富樫は大学の講義で田村隆一の「帰途」という詩について語る。「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」という最初のフレーズが有名だが、私が読み取れば、言葉は肉体を持つとともに倫理性ももつという理解になるが、富樫は「性」という言葉を見事に肉体化したものの倫理性は「性」の内奥の空白によって、それを言葉から強引にそぎ落としたのだ。言葉の「肉体化」は人の世界を広げるが、それだけではじつに荒涼としているのではないか。つまりは私が記した「解放感」とはこの「荒涼感」と表裏一体のものでもある。
  園子音監督作品は『冷たい熱帯魚』につづいて2作目を見たが、いずれも全体的な流れがきわめてスムーズで心地よく、また力強く、このことが一抹の胸糞悪さをかき消してくれる効果をもつと思えた。
★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    13:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/476-0cdbc42b
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク