大洋ボート

一命

 1962年製作『切腹』(監督・小林正樹、主演・仲代達矢)のリメイク版。リメイクという言い方が不適当ならば、原作が同じと言うべきか。『切腹』はビデオ録画で私も見たが、すごい迫力を肌で感じた。仲代達矢 が無理やりに切腹させられた娘婿・石浜朗の復讐を果たすために、当の大名屋敷井伊家に単身乗りこんでいって斬り合いを挑むという物語だが、仲代のすさまじい形相に驚かされた。なにかしら演技という範疇を超えたもの、復讐や暴力への本気度といったものを見せつけられた気がした。仲代達矢の代表作であるとともに日本映画のなかの名作でもあるだろう。テレビで映画を見ると映画館で見るよりも迫力が落ちるが、そのハンディは大部分吹き飛んでしまった。
  今回の『一命』で仲代の役を担うのは市川海老蔵で、仲代と比較するとその迫力にはとおくおよばないというのが第一印象であるが、むしろ狙いが『切腹』の仲代とはちがうことがわかる。同じ藩の亡き親友の息子である瑛太に頼みこんで娘・満島ひかりを嫁にしてもらった。ところが藩はすでに取り潰しにあって海老蔵も瑛太も浪人の身で貧乏生活。まもなく子供ができるが、子供も母も重い病気に見舞われる……。だが短いながらも幸福な期間があったことが丹念に描かれる。この家族の幸福と不幸のよりまざった時間への追憶の念が海老臓を動かしている。大名屋敷に乗りこんでいって斬り合うのだから復讐にはちがいないが、海老蔵の目指すのはむしろ斬り合った末の後追い自殺ではないか、そう思えた。過去への追憶にとらわれているという点では、鬼気迫る形相で多人数の侍に立ち向かっていった仲代と比べてはるかに内向きで、悪く表現すれば「軟弱」なのだ。
  瑛太が切腹させられたのは「狂言切腹」を逆手にとられたから。時代は江戸時代の初期らしく、幕府によって多くの藩が取り潰しの憂き目にあい、多くの武士が浪人となって落ちぶれた。そこで浪人武士のあいだで一時流行したのが「狂言切腹」で、大名屋敷を訪ねていって、将来の見通しが立たないからいさぎよく腹を切りたい、ついては玄関先をお借りしたいという申し出をするのだ。すると屋敷の側では同情してくれたり、事なかれ主義で金銭を与えて追い返すということが繰り返された。瑛太もそれを小耳にはさみ薬代欲しさにそれにとびついた。だが瑛太が訪ねた井伊家ではすでに「狂言切腹」の情報を得ており、財政面を懸念した家老の役所広司以下が「武士に二言は無用」と言って、残酷にも瑛太に実際に切腹をせまるという方針をとった。「武士道」を下敷きにして骨格がたいへんしっかりした物語だが、このあたりをふくめて物語の展開は『切腹』とほとんだ同じだ。
  眼を見張ったのはセットの斬新さだ。時代劇の武家屋敷というと、襖なら白地に松が描かれるのが通り相場だろうが、この映画ではそれを採用しない。たとえば客間の襖には荒々しい筆致で牛が描かれて、見る者(客人)の気分を動かすに十分だし、ほかの無地の襖もくすんだ藍色で、庶民の世界と隔絶したいかにも胡散臭い異様な空気をただよわせる。門構えにしてもこれまでの時代劇では眼にしたことのない鉄板の装飾がほどこされていていかめしい。それと対照的なのが海老蔵、瑛太、満島ひかりの暮らす貧乏長屋で、くずれかけた瓦屋根に草が生い茂っている。また蚊帳越しに対話する場面がうつくしい。闇の中で蚊帳の生地の藍色が冴えわたり、さらにその向こうに家族の誰それがいる。たよりない闇の中にそこはかとなく人の姿が浮かび上がる。たよりないと同時にあたたかい。この美しさに見とれて、私は会話の内容を忘れてしまった。この武家屋敷と貧乏長屋の対をなすセットもまた、物語の骨格同様しっかりしたものだ。
  最後に役所広司についてふれたい。この映画では武士道に対抗する言葉として「思いやり」が出てくるが、それを遮断するところに少し真実味が出ていた。『最後の忠臣蔵』の役所は「思いやり」がありすぎて嘘っぽかった。
 ★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    12:38 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
Comment
2011.11.16 Wed 22:11  |  seha #-
今井サン、コメントありがとうございました。
「リメイク」という言い方ですが、登場人物やらストーリーが同じであればリメイクと一般的には言うので、私もそれに沿った言い方をしたまでです。

原作を知らないのですが、半四郎が武士道とは何かについて煩悶?したとの今井さんのご指摘はわかる気がします。それと感想文には書き漏らしたのですが、仲代はたしか真剣をたずさえて乗り込んでいったと記憶しています。それにたいして海老蔵は竹光でした。死を覚悟したことがよりわかりやすい。


> 私も先日『一命』を鑑賞しました。
> 『切腹』が娘婿の復讐と言う、ゆすりたかりの上塗りのような所業で納得がいかなかった事を思い出したのですが、今回は原作に沿って三池監督の才が光りました。武士の誇りも刀も捨てて、家族の為に井伊家に乗り込んだ求女に対し、数か月苦しんだ上に自分が捨てられなかった武士とはないかを、問うという誠に人間的な結末。関ヶ原で活躍した半四郎が例え竹光でも、太平の世に慣れた連中には斬れなかったという設定は、現代を風刺しているようで面白かったし、また海老蔵の貫禄と身体能力が十分にその話を具現化していたと思います。
> 久しぶりに見た時代劇が、非常にグレードが高いもので満足しました。
Re: リメイクではない『一命』  [URL] [Edit]
2011.11.16 Wed 19:10  |  今井健 #NkOZRVVI
私も先日『一命』を鑑賞しました。
『切腹』が娘婿の復讐と言う、ゆすりたかりの上塗りのような所業で納得がいかなかった事を思い出したのですが、今回は原作に沿って三池監督の才が光りました。武士の誇りも刀も捨てて、家族の為に井伊家に乗り込んだ求女に対し、数か月苦しんだ上に自分が捨てられなかった武士とはないかを、問うという誠に人間的な結末。関ヶ原で活躍した半四郎が例え竹光でも、太平の世に慣れた連中には斬れなかったという設定は、現代を風刺しているようで面白かったし、また海老蔵の貫禄と身体能力が十分にその話を具現化していたと思います。
久しぶりに見た時代劇が、非常にグレードが高いもので満足しました。
リメイクではない『一命』  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/474-5ed76792
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク