大洋ボート

二百三高地(1980/日本)

二百三高地【DVD】二百三高地【DVD】
(2010/06/01)
仲代達矢、あおい輝彦 他

商品詳細を見る

  戦争とは、その渦中に置かれた人々のさまざまな局面からとらえられたとき無数の像が結ばれるにちがいないが、畢竟、人がどんどん死んでいくこと、個人としては逆らいようのないそういう運命に晒されることではないか。あらためてその思いを強くさせられた。勝利によってもその無残さは消えることがなく、無残さが犠牲になった兵の家族や軍事的リーダーによって抱え込まれる。
  舞台は日露戦争における日本陸軍の旅順攻略戦。ロシア支配下の軍港と化した旅順を壊滅させるために、陸軍は旅順郊外の丘陵に設営されたロシア軍の堅牢無比な要塞めざして大量の歩兵を進撃させる。ロシアを出発したバルチック艦隊が大西洋、インド洋を大回りしてやがて旅順に到着する、それまでになんとしても旅順攻略をという軍事的至上命題がある。この軍事的背景があって、仲代達矢演じる乃木大将は兵の大量犠牲が見込まれるにもかかわらず、突撃命令をくりかえす。これは見ていていかにも無謀なことがよくわかる。なにしろロシア軍は城のような頑丈な要塞から重火器や爆弾を放つのにたいして、日本軍は歩兵の銃剣があるのみで、しかもさえぎるものの何もない裸の丘陵地を登坂しなければならないからだ。この戦闘場面はながくつづくわりにはアメリカ映画と比べると工夫があまりなく、少し退屈なのだが、のちにボディブローとなって映画に効果をもたらす。
  おい輝彦が変化する。彼は徴兵されるまでは小学校教師で、かつロシア文学の愛読者で戦争にたいしても積極的ではなかった。戦地においても瀕死の傷を負ったロシア兵が殺してくれと懇願するにもかかわらず、ついに銃弾を放てなかった男だ。それが、仲間がつぎつぎに死んでいくのを見て変わる。捕虜のロシア将校が挑発的な言葉を吐いたとき即座に銃殺しようとして同僚に制止されるのだ。「軍の規律も人道的立場もない、われわれは無残に殺されていくのみだ」。正確には再現できないが、こういう意味のことを吐きすてた、つまりあおいは復讐心によってのみ、生き残った自己を支えることがかろうじてできるに至ったのだと私は受け取った。このあおい輝彦の変わりようは印象に残る。
  人は戦争をくぐることによって変わる。その変わり方はさまざまだろうが、人が大量に犠牲になるというひとつの大きな事実が根底にある。監督の舛田利雄もシナリオ担当の笠原和夫もともに1927年生まれで、戦争の時代を身をもって知る人だ。彼らの戦争観がここに結ばれているのだろう。
    ★★★
関連記事
スポンサーサイト
    10:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/469-9b8708ae
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク