大洋ボート

飛べ!フェニックス(1966/アメリカ)

飛べ!フェニックス [DVD]飛べ!フェニックス [DVD]
(2011/04/22)
ジェームズ・スチュワート、リチャード・アッテンボロー 他

商品詳細を見る

   乗客十数人を乗せた旅客機兼輸送機が故障し、砂漠に不時着する。おり悪く無線機も故障したばかりで連絡がとれない。捜索機を待つことも考えられるが、不時着地点はコースから大きくはずれた場所であてにならない。飲料水も残り少ない。さあどうするかということで、乗客の一人で自称「飛行機デザイナー」のドイツ人ハーディ・クリューガーが奇想天外な脱出の提案をする。機長のジェームズ・スチュアートは半信半疑だが、飛行機の知識が自分よりもクリューガーのほうが上回っていることを認めざるをえず、スチュアートをはじめ、のこされたメンバーはこの提案に賛同し作業にとりかかる。
   ロバート・アルドリッチ監督が重点をおいて描くのは、生還がこころもとない砂漠にとりのこされた人たちの心の葛藤だ。ジェームズ・スチュアートは水の配給を差配することくらいしかリーダーシップを発揮する役割がなく、屈辱と自責の念にかられる。またスチュアートをはじめ敗戦国のドイツ人に運命をゆだねなければならないことにも、メンバーは腑に落ちない思いを共有する。年配のイギリス軍人は徒歩での脱出を提案するが退けられ、単独でこころみはするものの結局あきらめて舞い戻ってくる。さらにはこの軍人の直属の部下がアゴでつかわれることに嫌気がさしていて、異彩をはなっている。彼は怪我をよそおって上官の動向命令を拒否するのだが、いったん自分のなかで嫌気を肯定してしまえば怠惰は定着してしまう。強い光と砂しか存在しない砂漠が、この部下の男の目をつうじてあらためてやりきれなく映る。最底辺からの視線だ。しかし、スチュアートとクリューガーの確執をはらみながらの協力関係は最後まで維持される。共通目的がある、いっしょに仕事をするとはこういうことだなあとの頼もしさは感じられる。メンバー全員も心をひとつにして作業に励むが、自然で納得できる。
   もうひとつの重点の「奇想天外の作業」だが、ここは残念ながらおざなりにしか描かれない感がある。人間劇のわきの風景以上ではなく、ほんとうにこんなことができるのだろうかという視聴者の素朴な疑問に答えてくれる丁寧さはない。『大脱走』が傑作だったのは、人間劇もさるものの、捕虜収容所におけるトンネル掘りの様子が、参加者全員のチームワークのもとたいへん精細に描かれていて、あれだったらやれそうだなと視聴者に思わせることができたからだ。そこにはぞくぞくさせる快感があったが、本作にはそれはない。できるかできないかは結果(映画の最後)をみてくれ、ということだろう。
★★★
関連記事
スポンサーサイト
    13:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/464-f9d31c6d
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク