大洋ボート

カフカ「小さな女」

変身ほか (カフカ小説全集)変身ほか (カフカ小説全集)
(2001/06)
カフカ

商品詳細を見る

  出来事にもなりそうにない出来事がある。ただ個人の心に棘のように刺さって奇妙に忘れがたい記憶を刻み込むが、それが日常や外面にいささかの変化をもたらすのではない。苦痛といえば苦痛にちがいないが、耐えられないほどのものではない。しかしながら粘着力をもってつきまとってきて決して愉快ではなく、意識の外に放り出すこともできずに気になってできればとっぱらってしまいたくなる、そんな出来事ともいえない些細な出来事。カフカがここで取り上げているのは、日常にふって湧いたそんなひとコマだ。

  この小さな女には、わたしが我慢ならない。不満の種だらけ。いつも不正な仕打ちを受けているとかで、何であれカンにさわるらしい。この世のいとなみを最小単位に分割して、その一つをとりだしてながめたとしたら彼女にはシャクの種になる。どうして彼女のカンにさわるのか、とつおいつ考えてみた。わたしのすべてが彼女の美意識、正義感、習慣、習わし、望むところと反しているらしい。こんなふうにしっくりいかない二つの本性があるものだが、しかし、どうして彼女にばかり、そんなふうになるのだろうか? わたしのせいで彼女が苦しまなくてはならないようなかかわりなど一切ない。

  この短編の主に登場するのは語り手である「わたし」と語り手によって「小さな女」と呼ばれるおそらく若い女性二人のみである。引用した箇所でも明らかなようにこの女性は「わたし」に尋常ではない憤懣を抱くらしいのだが、それが何か、「わたし」の何がそれほど気に入らないのか、どんな意味内容なのかは最後まで明らかにされない。女のほうも憤懣の鋭い視線を浴びせるばかりで、それ以上に具体的に言葉を持って指摘してくるのでもなく、また行動をあらたにするのでもない。「わたし」は一度、女性に声をかけて打ち解けるきっかけを作ろうとするのだが、かえって女性の反発をくらってやめてしまう。あるいはカフカの別の小説ならば、女の「わたし」にたいする憤懣の内容が明らかにされて、カフカのテーマである人同士の相互の無理解や人生の不条理に行き着くのかもしれない。だがカフカはここではそれは採らない。創作性を用いなくても、日常生活の情報の不完全性のもとでも人の相互の無理解が厳然として存在する。「わたし」からすると「わたし」が非難にさらされるのは誤解で不当なのだが、それが耐えうるに足るのであれば、あえて誤解を解くような働きかけをして、ことをあらだてたりしないほうがよいのではないか、「わたし」はそう言いたげだ。無理解は依然として残るのだが。
  それにしても説明が極端なまでに省略されている。毎朝二人は顔をあわせると書かれているが、はたして会社の同僚なのか、それともたがいに近所に居住するのか、ふたつとも当てはまるのか、判然としない。また女の「わたし」にたいするしつこい敵意を二人の周辺の人は知っているらしく、興味を抱かないでもない。これは「わたし」にとっては気がかりの種で、ともすると「世間」は男女であるからそこに恋愛沙汰を勘ぐる向きもないとはいえない。だが「わたし」は女がそういう感情やそのこじれを向けているのではないと自信をもって観察している。たとえば「わたし」が恋心を女に向けたり、それを豹変させたりしたことなどまったくありもしなかったことだと。だからそういう誤解はふりはらえる。また「わたし」は世間にたいしてなんら後ろめたい思いはなく、むしろ信頼されている類いの人間だという自負もあるので、たとえ女が世間の風向きが一時女に有利にはたらいて「わたし」への非難の風となって女を喜ばせたのだとしても、やがてはそれも氷解するであろうと確信をもってみずからを慰める。
  このあと別に小説らしいと呼ぶべき?展開があるのでもない。それほど長い月日の「出来事」でもなく、まさに人生の断片を切り取った短編らしい短編といえるだろう。現在進行形で書かれているから、小説が終わったあとで「わたし」と「小さな女」との均衡が崩れたとして、あらたな展開を想定することは読者のまったくの自由にちがいない。だがそれはカフカにとっては重要ではない。「わたし」が一人の他人によっておそろしいまでに憎まれ誤解され無理解にさらされることを、そういう局面が人生にかならず存在することをカフカは書きたかったのだ。それも個別の事情や背景を間引きすることによって普遍性あるものとして書きたかった。逆に言うと「小さな女」は異常だが、その異常性を書きたかったのではない。
  「おまえは何者だ?」という人の鋭い視線に私たちはしばしば出会う。わたしとは個人だ。どこかの職場や組織に属していたとしても、そういう境界を容易に乗り越えてきて個人としての私に向かって「おまえは何者だ?」と問いかけてくる。とくに私は青年期においてこういう視線に慣れていなかった。詳しい説明は省くが、私が考え自己評価する私と、視線を浴びせる他者のなかに写った私が直観的にずいぶんと隔たっているようにみえて、空恐ろしい気になったものだ。他者が私をどう評価したか想像する余裕すらなかった。今なら多少は自分自身をわかっているつもりだ。この短編の「わたし」ほどには世間から信頼されなくとも、異常と劣悪を少しはふくみつつも何とかそれらを統御できていて「世間」にぶらさがっていられる。日々の精進は怠れない。自己評価はあまり高くはないが、非難されるほどには低くはないつもりだ。しかしまた、青年期の私の書いたような他者との隔絶感はながく記憶に残るもので、この短編はそれをまた思い起こさせてくれた。本編の「わたし」は青少年ではなく、すでに立派な大人なのだが。

関連記事
スポンサーサイト
    12:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/460-af0a3499
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク