大洋ボート

愛の勝利を ムッソリーニを愛した女

  若い時代のムッソリーニの愛人となった女性が主人公の映画で、ジョヴァンナ・メッツォジョルノという女優の熱演が光る。視聴者を共感させ、ぐいぐい引っぱっていく。それにムッソリーニを演じるフィリッポ・ティーミも素晴らしい。攻撃的で偏執的で、冷酷な側面も併せもった政治家像を定着させて納得させる。
  イタリアの近・現代史については何も知らないが、映画によればムッソリーニは第一次大戦の頃は社会主義者であり、そのグループの有力なリーダーの一人であったらしい。例によってデモ隊と警官隊の激突があり、追われて逃亡するフィリッポ・ティーミ(ムッソリーニ)を目撃してジョヴァンナ・メッツォジョルノはすぐさま彼をかくまうという行動に出る。彼のグループに対する政治的支持がそうさせたのか、だがそれがメッツォジョルノの一目惚れの始まりであり、恋の地獄へと突き進ませる。二回目の逢瀬のときだったか、メッツォジョルノははや肉体をティーミにさしだす。政治的煽動者のもつ攻撃性は獣の飢えの匂いを発散させる。それが異性にはまた凡人にはないセックスアピールとして肉体に訴えかけてくる。甘く激しく上目遣いでティーミを睨みつけるメッツォジョルノ。それはティーミの発散するオーラの「真実」を一刻も漏らさず吸収しつづけていたいというはげしい本能の表れだ。むしろ女性=雌としての本能をみずからにかきたてるのだ。ティーミはまもなく、のちにファシストと呼ばれる政治的立場に転向し従来の居場所を失うが、メッツォジョルノは自分の店(服飾店だったか)を処分して全財産を彼に提供するのだ。メッツォジョルノが先導する二人の急接近には時間の間隙がまったくない、直情径行というのか。そして視聴者も普段の分別のようなものを忘れてものすごく共感させられる、もっと前へ、もっと奪い取れというふうに。のちにティーミが既婚者であることがわかっても、メッツォジョルノは入院中のティーミのもとへ押しかけていって、付き添っている妻に食ってかかるという場面もある。妻の立場を尊重し優先させるのが社会であり法律でもあるのだが、そんなことをメッツォジョルノは食い破ろうとし、視聴者もまた少なからず彼女の肩を持ってしまう。
  セックスの場面でのフィリッポ・ティーミも印象に残る。ゆっくりとした抽送運動をしながら、とおくを見据えるような眼差しをするが、ここには政治家としての野心がぎらぎらと光っている。そこに棚からぼた餅式に女性を手に入れてしまったという「悪」=後ろめたさを呑みこんでしまう快感もかさなる。のちにロシア革命を写すニュース映像に接して「独裁者レーニン」という言葉に打たれるティーミだが、野心実現のヒントを彼はみる思いがする。この二つの場面は見事に符号があっている。
  後半部はフィリッポ・ティーミのムッソリーニは退いてニュース映像のなかのムッソリーニとなる。顔は似ていないが、これは気にならない。ジョヴァンナ・メッツォジョルノにとってはもはや愛人でも一人の男でもなく社会的存在にまでなってしまったという画然性があるからだ。教会で結婚式まで挙げた二人だが、ムッソリーニが独裁者にのしあがってからはたぶん彼の力によって精神病院に幽閉される。メッツォジョルノのなかでも彼のことは意識からとおざかり、そのかわり彼との間にできた一人息子への思いを沸騰させるのだ。その眼差しは前半部の挑戦的なそれとはうって変わって、やつれはてながらも柔和で包み込むようなやさしさがある。一人の女優が一人の役のなかで連続性を保ちながら、一人二役を演じるのだ。対応するかのように息子役も文字通りフィリッポ・ティーミの二役。
  俳優陣はこの二人がもっぱらで、エキストラも多くなく、野外と室内のセットもそれほど目立つものはなく、当時のニュース映像や映画にかなり依存している。つまりは低予算の映画だが、そのことで映画の価値が減じるのではなく、補ってありあまるほどの女優と俳優二人の力が結実している。

★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    12:28 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/447-32aca298
「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」★★★☆ ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、フィリッポ・ティーミ出演 マルコ・ベロッキオ監督 128分、2011年5月28日より全国順次, 2009,イタリア,エスピーオー (原作:原題:VINCERE/勝利を)              ... 2011.08.08 21:36
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク