大洋ボート

ハスラー(1961/アメリカ)

ハスラー [DVD]ハスラー [DVD]
(2010/08/04)
ポール・ニューマン、ジャッキー・グリーソン 他

商品詳細を見る

  ビリヤードの世界を舞台にして青年の挫折と成長を描く映画で、ポール・ニューマンの肉体表現が抜群だ。有名なベテランプレイヤーを相手にして最初からあっけないほどに勝ちまくる。ミネソタ・ファッツと呼ばれるそのベテランはそのうちに気分転換やらあるいは盤外戦術の意味もあるのだろうか、酒をちびちび飲み出す。顔を念入りに洗うこともする。ニューマンもそれにつられて酒をやりだす。だがここからしだいに情勢が逆転に向かう。競技は勿論のこと、酒においてもニューマンは若さがあるので負ける気がしない、つい飲み過ぎてしまうのだ。時間の経過につれておぼつかない足取りになって酒瓶を喇叭飲みするにまでになる。ニューマンにとってははじめての大勝負で、こんなにも楽に勝利が転がり込んでくるとは笑わずにはいられないというところだ。だが視聴者にはその有頂天のつぎには転落が待ちかまえていることが容易にみてとれる。歓びと自堕落が同居するさまが、また体力を急激に磨り減らしていくさまが、このときのニューマンの肉体表現でたいへんあざやかに示される。人間の肉体とはなんと雄弁に語れるものかと感銘を受ける。『ジャイアンツ』のジェームズ・ディーンを連想させるが、ニューマンかロバート・ロッセン監督かがディーンを意識したのかもしれない。だが二番煎じではなく、これはこれで強い映像の力を獲得している。競技は二晩の徹夜をはさむ苛酷さでニューマンはぐったりしてしまいボロ負けとなる。椅子にもたれかかって足を大の字に開いて睡魔にすっかりからめとられたニューマンもまたいい。
  ミネソタ・ファッツとの再戦の機会はやがて訪れるが、このときの描写は平凡だ。何故ならペース配分さえあやまらなければニューマンが勝利することは一回目の戦いでわかってしまうからで、「立ち直った」ニューマンからは当然ながらこれ見よがしのやくざっぽい肉体表現も影を潜める。それよりも最初のたたかいにおけるニューマンの挫折感が長びくことの描写が、この映画の二番目の美点だ。
  ビリヤードからしばらくとおざかりたい思いからだろうか、ニューマンはマネージャー格で「ハスラー」と呼ばれるイカサマプレイーヤーの相棒でもあった初老の男から逃亡する。そして降り立ったバスターミナルに隣接するカフェで、やがて恋人となるパイパー・ローリーに出会う。午前中の他の客のだれひとりもいないだだっぴろいカフェの奥の席にひとりぽつんとローリーがいる。この映像がものすごく吸引力がある。室内なのに広さがあるからまるで遠景で顔もはっきりしないのに、視聴者はニューマンになったかのようにこの女性に引きこまれる。寂しいときには特に「人は人を求める」心情がはたらくことを教えられるからだろうか。ローリーは無職で大学に週に何回か通っている、父の仕送りで生活している、戯れにか、小説を書いている、飲んだくれで、カフェにやってくるのもそれが目的のようだ。ニューマンがつきあううちにそういう彼女の人となりがわかってくる。引きこもりで自堕落で孤独でという人間像だが、勝負に負けて挫折感を抱えこむニューマンにとってはこういう女性のほうがつきあいやすいのかもしれない。ニューマンにとってはローリーという女性は自分の姿を映し出す鏡の役割を果たしてくれるのかもしれない。「同類相哀れむ」ではないが、寂しさをよく知るがゆえに相手のそれにもやさしくなれる、そうすることが自分にもいい影響となって帰ってくる。私の異性とのつきあいなど貧しいものでしかないが、こういうことを書きたい気にさせられるのだ。それほど二人の関係は自然にしかもはやく結びつく。二人の同棲生活の描写も何気ないが故に、つまりどんなカップルでも幸せなときには幸せ以外には見えないという意味で的確だ。
  ニューマンは新しいマネージャーのジョージ・C・スコットをえてビリヤードの世界に復帰し順調に再スタートを切る。だが同時に寂しさをつのらせるのがローリーで、ニューマンがとおくへ行ってしまう気になる。彼女の素行を知るらしいスコットが「お前のような飲んだくれは足手まといで、ニューマンにやがて捨てられるんだ」という意味のことを吐かれる。思い当たることがあるだけにローリーはびくついたであろう。またローリーは父に捨てられたということが前半に語られるが、それがトラウマにもなっているのかもしれない。そして最悪の選択をしてしまう。美点と言って悪ければ三番目の衝撃にあたる部分だ。旅先のホテルが満室で、強引に確保した部屋がローリーとスコットが隣同士で、しかも両室のあいだに鍵のないドアがあるという偶然が惨劇を引き起こした原因にもなるが、この設定が、ストーリーのためにつくられた「偶然」とは言いきれないそら恐ろしさを感じてしまうところだ。
  ニューマンのミネソタ・ファッツとの再戦はスコットや彼等の牛耳るビリヤードの世界(大金を賭ける私的賭博の世界)への完膚無きまでの復讐の意味も持つ。スコットの好条件でのマネジメントの申し出を当然に断ってビリヤード場を去るニューマン。何処へ行くのか、何をするのか、流れ者が主人公の西部劇のような余韻がのこる。
  ★★★★

関連記事
スポンサーサイト
    01:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/429-e2f4c86e
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク