大洋ボート

暗殺の森(1970/イタリア他)

  映画は総合芸術と呼ばれたりもするが、主に力を発揮するのはやはり映像だ。この映画では後半部で二人の女性ステファニア・サンドレッリとドミニク・サンダがダンスホールで手を取り合って踊る場面がそれにあたる。映像としてもっとも輝く。客がそれぞれ男女のペアをくんで踊るが、彼女たちだけが女同士。だがその艶やかなコスチュームと優雅な身のこなしに魅了されて彼女たちをとりかこむように客は見物する。やがて全員がひとりずつ手を取り合ってのダンスとなりホールを出て行きまた帰ってくる。ちょっとしたお祭り気分だ。そしていぶかしげに見守っていたジャン・ルイ・トランティニャンを渦を巻いて取り囲む。先頭には二人の女性がいる。まるで幸福な気分をトランティニャンに分けあたえようとするかのように。トランティニャンもおもわず降りそそいできた幸福に酔いかかる。おぞましい企みはやめて平凡に楽しく暮らしましょうよというがごとくに。うそ寒い感覚が映画のほとんどを占めるので、ここは視聴者を魅了する。
  トランティニャンはファシストの秘密組織に属していて、おりから反ファシスト組織の大学教授を抹殺する役目を負っていた。教授はトランティニャンの大学時代の恩師にあたる。新婚旅行の名目でパリにいる教授を訪ねるのだが、新妻のステファニア・サンドレッリは何も知らない。ドミニク・サンダは教授の妻。だがサンダはいちはやくトランティニャンの正体を見抜いてしまい、二人は肉体関係を持つ。見逃してもらいたいサンダと、サンダに魅了されて二人しての逃避行を約束するトランティニャン。トランティニャンはファシスト魂が身につかない小心者として描かれる。ラスト近くになってわかるが、ダンスホールの場面の直前にサンドレッリもサンダから彼の正体をうちあけられていた。こういう人物構成やらストーリーやらが頭にあるので、二人の女性の幸福をいわば「偽装」してのダンスホールでのトランティニャンにたいする誘惑は納得がいくし、その場面自体には言葉による説明がいっさいないだけに、映像としてよけいに輝くのだ。
  映画は暗殺計画が手はずをととのえられていよいよ実行される場面からはじまる。(その結果は書かないが、ドミニク・サンダの悲痛な眼差しが印象に残る)そしてその進行とともにトランティニャンの過去が時系列をばらばらにして描かれる。彼は何故ファシスト組織にみずから志願して入会したのか。時代の趨勢を彼なりに読んで勝ち馬に乗りたかった。また平凡さにあこがれたからだ。母は麻薬中毒で若い愛人がいる。父は療養中で妄想癖がある。さらに彼は少年時代にあやまって人殺しをしたこともある。「血で血をぬぐう」というセリフが出てくるが、より大きい惨劇に身を置くことでそういうことを実現できるかもしれないとも思うのだろうか。もっとも彼は及び腰であることは後にわかるが。プチブルらしいサンドレッリと結婚するのも平凡と出世をもとめるからで、がらりと身のまわりの環境を変えてみたいという願望にとりつかれたとみえる。ラストではファシズムの時代が去って貧しい暮らしに転落したトランティニャンの家族が短く描かれる。この品性下劣な男は訪ねてきた友人や見覚えある男を指さして「こいつはファシストだ」と貧民窟の人々に向かって叫ぶのだ。
  ベルナルド・ベルトルッジ監督には、人生の輝きはほんの一瞬しかないという諦念があるように思える。平凡で小心な男にもそれは訪れる。「ラストエンペラー」でも同様の感想を抱いた。
 ★★★★
暗殺の森 完全版【ワイド版】 [DVD]暗殺の森 完全版【ワイド版】 [DVD]
(1997/12/26)
ジャン・ルイ・トランティニャン

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
    10:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/425-bded2739
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク