大洋ボート

加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』

それでも、日本人は「戦争」を選んだそれでも、日本人は「戦争」を選んだ
(2009/07/29)
加藤陽子

商品詳細を見る

  第二次世界大戦における日本人の戦死者数は軍人と民間人をあわせて約三百万人、アジアにおける戦死者は一千万とも二千万ともいわれている。戦争に関連する本に眼をとおすたびに、いつもこの厖大な死者の数に圧倒される。憤りを抱くよりも無力感に支配されかかり、さらにそこからも逃げだしたくなる。そうしてうんざりする感覚が決まって残る。巨大な歴史の爪痕をまともに引き受けたくない、逆に言えば引き受けようとする気持ちが微かにではあれ自分の何処かにあって、その自覚にぶちあたった瞬間にあわてて逃げだしてしまう。私自身をふりかえるとそんなところだろうか。
  私は戦後生まれなので兵としてそこに参加したこともなければ、たとえば空襲の光景が記憶に残っているのでもないが、もう懲り懲りだという感覚は程度の差こそあれ、つまりそこに直接参加した者やそこで深い傷を負った者と「歴史」として戦争を読む者の差こそあれ、なにかしら共通するものがあるのではないか。職場において戦場において当時の人々はひとしく奮闘したのであろうが、あるいはそこで自己形成の核心をえた人もいたであろうが、あの時代を繰りかえしたくはないという人が大部分のように思える。すくなくとも私はそう思いたい。何故なら反復になるが厖大な死者を生み出した時代であったからで、戦後になってその事実の詳細を知らされた上ではなおさら戻りたくないという感覚は強くなる、それが人間の持つ自然性ではないか。
  戻りたくないという感覚は、私の場合、たとえタイムマシンが与えられたとしても同じだ。本の読者として客観的な資料にもとづいて戦争を俯瞰し、興味によって気ままに局部を拡大して味わうというのではない。現在の知識がないままにその時代にタイムスリップしたならどうなるのだろうか。参加者として、主義主張をはっきりさせた上でさらにそのとおりに行動しなければならない。その時代に青少年期であったならば、ろくろく情報を集められないときだから私は無邪気で威勢のいい軍国少年だった可能性は大いにある。戦地に赴く兵士に喜んで日の丸を振っただろう。兵として最前線に配置されたならばどうだろう。食料や物資の欠乏を目の当たりにして自軍の弱さを思い知り、昨日の威勢のよさは吹っ飛んで厭戦気分に支配されただろうか。何処かから知識を得て、アメリカとの戦にはとうてい勝ち目がないことを冷静に知っていたならばどうだろう。果たして私は抵抗できるか。国家や軍部という巨大装置に向かって個人として何ができるのだろうか。「アカ」のレッテルを貼られて長期間獄に閉じこめられるのか、それも気が進まない。国土や同胞を微力ながらでも守るために死を決意して、あるいは勘定に入れて内地なり戦場なりに過ごすのだろうか。その時代にあってはそういう覚悟の姿勢が一番据わりがよくて落ち着ける気がする。同僚と呼べる人々がいれば、彼等との仲もその姿勢があればすっきりしたものになれそうだ。しかし厖大な死者数とあまりにも無残な敗戦という現在の知識を前提にすると、死の覚悟を受け入れることによるある種の解放感も減殺されるのではないか、とも思えてくる。突っこんで考えたことはないが。

  一九三一年の満州事変を起点として一九四五年八月一五日の終戦までの戦争の期間がいわゆる十五年戦争であるが、この期間の大部分において戦争を中心的に指導し推進した人物をさがしても見あたらない。満州事変を推進した一人である石原莞爾という人はその後表舞台には出てこない。国際連盟脱退時の全権松岡洋右も同様で、つまりはヒトラーやムッソリーニにあたる人が日本にはいない。東条英機や山本五十六という人も入れ替わり立ち替わりのなかの一人にすぎず、突出した固有名詞の存在は日本にはいない。昭和天皇は意見を述べたことはあったようだが、軍の作戦遂行や内閣の決定に積極的にかかわることはなかった。まわりがそうさせなかった。非戦的意見の人だったが無力化された存在であった。二・二六事件を引き起こした青年将校にたいする烈火の怒りは例外中の例外だ。(このときの天皇の発言が、青年将校を罪人として処遇することに決定的に影響を与えたという)それでは十五年戦争を積極的に推進した存在は何か。軍隊を全体的に支配していた軍事優先主義だろう。国難にあたっては外交交渉もするが、いつまでもそこに踏みとどまることはせずに軍事力の行使によって相手国の言い分をはねのける、自国の支配下に置く、いざというときには戦争を持って解決する。こういう姿勢と方針が軍の大部分をおおいつくしていた。軍のマジョリティとしてそうだった。国民の大部分もまたそうした軍の姿勢に喝采を送ったらしく、日本国=軍で、外交による国際協調は軽視された。日本全体の時代的空気が戦争を推進することの後押しをしたようだ。満州事変の翌年にあたる満州国建国にも反対する声はなかった。
  加藤陽子さんによれば今は「その筋」といえばヤクザをさすが、当時は陸軍と警察をそう呼んだという。政治家や軍のひとにぎりの上層部は二・二六事件などの記憶が覚めやらず、軍中枢のテロや反逆を怖れた。天皇やその側近も例外ではなかった。政治を担当する上層部の人々は日々匕首を突きつけられながら職務についていたといっても過言ではなかった。
  だが、天皇や政治家は中国大陸における軍の独断専行を恐れ、すでに起こしてしまったことにはにがにがしい思いをしたのだろうが、軍の大陸での駐留や満州国の建設と継続には真正面から反対することはなかった。軍を恐れたばかりではなく、政治方針としてそうだった。あまり激しいことはやるな、もっと穏便にというくらいもので、蒋介石の国民政府との外交交渉を積極化する動きはなかった。できうれば蒋介石を打倒して降伏に追い込みたい、そうでなくても大陸での領土と権益は確保しつづけたいとの願いは軍とも国民世論とも共通していたと見るべきだろう。蒋介石軍は頑強に抵抗しつづけ中国戦線は長い間膠着状態に陥ったが、それでも日本軍はいくさを継続することができた。それだけ中国軍が弱体であったからで、相手の息の根をとめることが容易にできなくても逆に日本軍が短期間に敗北を蒙る事態もありえなかったからだ。この間、日本国家と国民は戦争慣れしてしまったのかもしれない。そこへアメリカの足音が近づいてくる。中国が屈しなかったのは劣勢の軍事力を国際世論を味方に付けてカバーしようとの戦略があったからで、これがしだいに効果を発揮しだして日本を孤立に追い込んでいく。国際連盟に提訴してリットン調査団を派遣させたのも国民政府の外交努力の賜物だし、廬溝橋事件によって日中戦争が本格化するとアメリカへの武器援助要請を懸命に繰りかえすようになる。アメリカはついにその要請に応じ、太平洋戦争のはじまる四一年(三月)には中国とイギリスに武器の無償援助ができる法律をつくって、それを実現させる。
  アメリカをはじめソ連もふくめた連合国側は、日本に中国大陸を独占されたくはないという思いが強かった。日本のアメリカとの開戦に先立つ南部仏印進駐(四一年六月、北部仏印には四〇年九月、仏印とはフランス領インドシナで、現ベトナムに相当する)に対抗して、アメリカは石油の対日全面禁輸に踏み切った。その他、在米日本資産の凍結など、アメリカは日本にたいして国交断絶にひとしいきびしい措置をとった。日本の仏印進駐の狙いは「援蒋ルート」といってアメリカの中国への武器搬送の道筋を攻撃することにあった。中国のいくさがそれほど大事だったのだ。また仏印はフランス領で、そのときは親ナチスのヴィシー政権だから日本軍の進駐は認められた。つまりアメリカの領土ではないのだからアメリカはきびしい対抗措置はとらないだろうとの甘い読みが軍にはあったと加藤はいう。
  この本では省略されているが、四一年十二月八日の日米開戦にいたるまでにはアメリカとのあいだで息詰まる外交交渉があったのだろう。兵器の生産力において雲泥の差があるアメリカとはいくさはしたくなかった、避けたかったというのが政府と軍首脳の本音だったろう。だが始めてしまった、何故か。   
    どうも合理的な判断がなされたとは見えない。日本の兵站能力からして「長期持久戦 」は不可能(日中戦争では可能だった)であるから「短期決戦」の緒戦に大勝利して外交交渉に臨むという構想だったようだが、具体的なプランはなく、虫のいい願いだった。緒戦の大勝利というなら、真珠湾攻撃やらフィリピン、インドネシア占領くらいなら足りず、アメリカ本土に手が届くくらいの戦果でなくてはならず、そんなことは夢のまた夢でしかない。加藤陽子さんはナチスの快進撃に欲が出たのではないかというが、そういうこともあったかもしれない。なにかしら巨大な幻惑に国全体が絡めとられた、時代が生み出した熱狂に国民全体が背中を押されたという印象が残る。私にはその当時を心のなかで再現させることは困難だが。結局、日本は敗戦によってしか自己の進路を変更することができなかった。
  私のような無学な者が知性的な本を紹介するのは似合わない。日清戦争から太平洋戦争に至る日本の歩みを加藤さんの見解とともに他の方のあらたな研究成果も交えて、要領よくまとめられている。知らなかったことが随所に出てきてほほーっと感嘆するが、実はそれが歴史全体の流れにつながっていて、しかもこれまでの歴史観の変更をうながすかもしれない、より深く把握させるかもしれない事実や人がちりばめられている。つまり本の細部が本の全体に深く関連していて、なんでもかんでも細かい出来事を記しているのではない。歴史観をどう変更して高めるのかは、できるかどうかは別にして私たちの課題である。   
   東条英機は首相時、開戦数ヶ月前に戦争終結のための腹案を陸海軍の官僚に作成させたという。天皇に説明するためだそうだが、実際にその説明を天皇が受けたかどうかは不明だ。「他力本願の極地」と加藤さんは言うが、私から見れば冗談も休み休みにしろと言いたくなるほどのひどい内容で、時の首相がこんなことではと呆れかえるばかりだった。加藤さんの要約を引用して終わりにする。

 このときすでに戦争をしていたドイツとソ連の間を日本が仲介して独ソ和平を実現させ、ソ連との戦争を中止したドイツの戦力を対イギリス戦に集中させることで、まずはイギリスを屈服させることができる、イギリスが屈服すれば、アメリカの継戦への意欲が薄れるだろうから、戦争は終わると。すべてがドイツ頼みなのです。また、イギリスが屈服すれば、アメリカも戦争を続けたいと思わないはずということで、希望的観測をいくえにも積み重ねた論理でした。(p342)

関連記事
スポンサーサイト
    03:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/405-0eab31c7
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク