大洋ボート

将軍たちの夜(1966/アメリカ)

将軍たちの夜 [DVD]将軍たちの夜 [DVD]
(2010/07/28)
ドナルド・プリーゼンストム・コートネイ

商品詳細を見る

  ピーター・オトゥールがなかなか気持ち悪い。酒場で客の相手をする色白の女をいやらしい目で舐めるように追ったり、あるいは美術館でゴッホの自画像に出会って精神錯乱の兆候を呼び覚まされてか目まいを起こしたりと。彼はナチスの高級将校で、ポーランドにおいてはレジスタンス掃討作戦に腕をふるった男である。普段の立ち居振る舞いや作戦遂行にあたっては冷静なのだが、記したような意外な一面を見せる。このピーター・オトゥールとドナルド・プレゼンス、チャールズ・グレイの三人の将軍(高級将校)が、ワルシャワとパリで起こった女性殺人事件の容疑者として浮上する。女性はともにナイフで滅多刺しにされていて、犯人は変質者と思われる。事件の真相を追う役がナチス情報部のオマー・シャリフというお膳立て。
  この殺人事件の他にもヒトラー暗殺計画やら、後にピーター・オトゥールの秘書となるトム・コートネイの恋愛やらが出てきて盛りだくさんだが、つながりがなく緊迫感に欠ける気がする。ルキノ・ビスコンティ監督の『地獄に堕ちた勇者たち』も同じくナチス時代の話だが、登場人物それぞれの思いにもとづいての行動でばらばらであっても、ナチスの台頭という時代の切迫した推移を共通に意識したうえでの行動であり、なおかつそれらがからみあうからひとつの大きな流れとなる。だがこの映画の場合は変質者殺人がどうも浮いている。逆にいうなら、ここだけが面白くて他の部分は退屈だ。どうせやるなら総花的ではなく、もっとそこに焦点を当てて掘り下げるべきだったのではないか。なお、ピーター・オトゥールが犯人かどうかはここでは明かさない。
   ★★★
関連記事
スポンサーサイト
    01:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/400-761f157b
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク