大洋ボート

現金に体を張れ(1955/アメリカ)

現金に体を張れ [MGMライオン・キャンペーン] [DVD]現金に体を張れ [MGMライオン・キャンペーン] [DVD]
(2007/01/19)
スターリング・ヘイドンマリー・ウィンザー

商品詳細を見る

  紙幣の物質感がよくでている。それも札束ではなく、一枚一枚ばらばらになった紙幣だ。重賞レースが行われている真っ最中の競馬場の現金保管庫、そこにスターリング・ヘイドン(役名ジョニー)はまんまと侵入し、警備員にライフルをつきつけて布袋にありったけの紙幣を詰めこめさせる。札束は袋の底にどすんと落下するが、ばらばらの札は大量にある分ふわふわしてかさばる。上から押しこまないと入りきらない。場面が進行して、今度は布袋の札を馬鹿でかいボストンバッグに詰め替える。公園だろうか、木陰での作業だが、ここでもばらばらの札がかさばって全部入りきらない。詰めこみすぎるとバッグの蓋が閉まらない。恋人と待ち合わせている空港に急がなければならないからジョニーは時間がない。あまった紙幣が紙くずのように周囲に散らばっていく。さらにクライマックスになると、内容は伏せておくが、このバッグがとんでもないことになってあと一歩で成功するはずだった犯罪は大破綻する。視覚的効果抜群で、ここでも紙幣がより以上に「働く」のだ。痛切で、寂しくひりひりする感覚がある。犯罪者にたいしてのみならず、人間の野望にたいする神の冷笑を感じさせる。
  犯罪計画は共犯者が多くいて大がかりだ。立ち入り禁止の現金保管庫にどうやって侵入するのか、ジョニーばかりではないライフルはどうやって。さらに強奪した布袋の現金はどうやって外へ出すのか、万事目立ってはいけない。このあたりは映画の進行によってなるほどと納得させるだけのことはある。また、共犯者の何人かの同時間帯における犯行の様子が別々に描かれる。最初は少しずつ前へ進行した時間がここへきて行ったり来たりして唸らせる。冒頭のタイトル表記にかさなって映されたメインレースの様子がここでまた何回か繰りかえされて重なる。これらの技法がたいへん効果的で、ハマッている。
  もう一つの見所は、この犯罪は最初の計画段階から情報漏れがあることを視聴者は知らされることだ。共犯者の競馬場職員の妻がそれを知って愛人にタレこみ、愛人は仲間とともに横取りを企む。ジョニーもその女が情報を得たことを知ることになるが、愛人の存在までは知らない。女にたいしておとなしくして分け前を受け取れと釘を刺す以上のことはしない。せっかくの計画を中止したくないという欲望が防御を甘くする。だからこの犯行は何処かで破綻することが目に見えているのだが、そのことがまた犯行の進行に注目させる効果を生んでいる。知らず知らずに視聴者は犯行を応援するのだ。
  人間の野望はどこかで破綻するという冷たいメッセージがこの映画にはある。スタンリー・キューブリック監督の初期作品だが、後年の傑作群に通じるテーマ性がある。
  ★★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    08:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/387-70eadb3b
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク