大洋ボート

影武者

  この映画が公開された当時の新聞評を部分的に覚えている。主演予定だった勝新太郎が途中降板して仲代達矢に代わったのだが、仲代を見ながらどうしても勝がダブってしまった。勝がやっていればもっと面白かっただろうに、と。おおよそこんな感想が記されていたが、私も今回初めて見て同じ感想をもたざるをえなかった。
  仲代は武田信玄の影武者。強盗の罪でつかまって死刑にされるところを顔が瓜二つのために目を付けられた。まもなく信玄が死んだためにその役割がさらに重要性を増してくる。信玄の遺言によって、その死を三年間は隠さねばならなくなって、仲代は二十四時間信玄を演じなければならなくなる。彼が影武者であることを知っているのは信玄の一部側近のみだから、敵は無論、味方の大部分を欺きつづけるという強盗上がりにとっては過大な役割を背負わされるのだ。だから視聴者からみると「信玄になりきれない信玄」である。おどおどしたり、逆に有頂天になったりする。また、影武者であることがばれそうになってあやうく切り抜ける場面もいくつかある。それらの場面に、スリルではなくユーモアを感じとってもらいたいのだろうという黒沢明監督の意図もよくわかる。だがやっぱりこれは勝新太郎にやってもらいたかった。仲代は演技達者な人だが、映画ではクールでニヒルという役どころが多い。演劇のことは知らないが、映画作品では観客を爆笑に誘うような役柄はあまり経験がないのだろう、板に付かない感じがした。たとえば、亡き信玄の愛馬に乗って疾走したはいいが、味方の軍勢が立ち並ぶなかで落馬してしまう場面があるが、ここは勝ほどうってつけの俳優はいないだろうと思った。落馬といえば「七人の侍」の三船敏郎がそれをする場面があったが、あれは面白かった。三船がもし若ければ彼でもよかったといいたくなる。
  物語の流れも悪い。影武者であることがばれて、仲代は金を持たされて追放されるのだが、そこで物語がぶっつりと終わってしまう。その後、武田軍が壊滅的敗北を喫する長篠の戦いへとつづくが、連続性がないのだ。武田勝頼(萩原健一)は「影武者」の時代が長くつづくのを、自分が総大将になる時期を遅れさせられる結果になるので嫌ったが、影武者追放のために策をもちいるでもない。影武者の仲代が自分で転んでくれただけだ。つまり萩原健一が仲代にもっと噛んでいれば、群像劇として面白さが出たのではないか。
  しかし、書いておかなければならないが、戦国絵巻としての映像(色彩と構図)の美しさは一級品だ。赤やくすんだ緑の軍旗、鎧甲の軍団が移動すると緑の少ない原野に鮮やかに映える。歩兵の群れも美しいが、騎馬軍団が画面を整然と横切るさまは蹄のどよめきも加わってより美しい。
  ★★★★

(現在、大阪市の敷島シネポップで、黒澤明監督作品が連続上映中です)

影武者<普及版> [DVD]影武者<普及版> [DVD]
(2007/11/09)
仲代達矢;山崎努;萩原健一;大滝秀治;倍賞美津子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
    02:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/377-040c8eb5
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク