大洋ボート

親と子

  子供時代において両親の仲が悪いと子供に悪影響があるといわれる。また幼年期において母が暗いと子供も暗い性格になるともいわれる。そのときには何もわからないのだが、私自身その時々をふりかえると確かにそうだろうと思わざるをえない。良好な人間関係を知らないままで育ってしまうということだ。
  父母が良好な人間関係(それを定義することは今はさしおいて)を知らなかったとは思えない。父は知人と接しているときは母と普段接するときとはちがってにこやかで生き生きしているさまが子供の私にも自然に伝わってきたし、母も実家に帰って親兄弟と再会したときには、同様の光景を目にすることができた。そのときは私はなんだかそわそわする気分に引きずられたものだ。父母のそういう普段とはちがったくつろいだ態度が彼等にとっては「良好な人間関係」だっただろうが、一方、私にとっては何だか入って行きにくい異様な世界に映った気がする。父には子供時代は「ぼーっとするな」「人の顔を見て話をしたり聞いたりしろ」とよく言われたことを覚えている。実際私はそういう子供だったので、父母の生き生きした表情を垣間見たときは、うれしいというよりも彼等には私の知らない世界があって普段はそれを私から隠しているように思えて、戸惑いのほうが大きかった。勿論、父母は隠したのではない。普段目の前で抑えられて実現されないものが、環境や接する人が入れ替わることによって自然に発露したのだ。人と接するときの大人独特の作為的な幸福感がそこに入り混じったとしても、それがすべてではないことは子供の目にも明らかだった。
  父は行動的で社交的で会ったが、喧嘩っ早いところもあった。勤勉であったが遊びも好きだった。浪費家とまではいえないにせよ、仕事(自営業)が終わるとよく外出した。母は社交的ではなく、引きこもりというのではないが家にいることが多かった。また結婚生活に対して独身時代と比べての生活上の落差、つまり金銭的にも肉体的にも苦痛を感じた部分もあったように思う。希望といえば倹約と貯蓄だったろうか。また二人の共通するところは結構毒舌家であったことだ。そういう二人だからよく喧嘩をして、私は目撃させられた。一時は本気で離婚を考えたこともあったようで、私に離婚後父母のどちらと暮らしたいかと母に訊かれたこともある。離婚話は自然消滅したのだが、それは何故かはわからない。離婚に要するエネルギー(離婚後の生活の見通しも含めて)に尻込みしたのだろうか。離婚騒動は私にとっては寂しいものだったが、それを頂点にした両親のぎくしゃくした関係は、私という人間の人格形成に底深く影響したのではないかと今では思う。
  一緒にいる、別に楽しくはないが、道徳や世間体ばかりではない、どちらかといえばそちらのほうが安穏に感じられてともかく一緒にいる、子供には叱るときには叱るが無関心の傾向が強い。それに空想癖というのか、目の前にあることにかかずらうよりも、何かしら別のことを思う時間にひたっている母を見たことも多くあった気がする。子供時代の母は今から思えば、私にはそんな心性としてある。一緒にいたい、いなければならないと念じる、だがそれ以上に楽しくするにはどうすればよいのかわからない、自然にそれを相手に委ねてしまう。子供ならテレビを見せたり玩具を与えたりして糊塗する。……私が母から受け継いだ傾向でもある。子供時代の私は、一様ではないが、遊び仲間にたいしてそういう態度しかとれなかったのではないか。
  母からのそういう影響ばかりではなく、家庭の現実が反映して私のなかで母と父という二つの人格がうまく調和せず、調和しないまま同居していた。具体的な二つの人格のぶつかりあいを基点としながらも、そこから抽象化された心的な「不調和」だった。出口を見いだせないままトンネル内で渋滞しているような、しっかりこない心地だった。かといって、それを格別に異常とも思えなかったのだ。(良好な人間関係を知らなかったからだ)その異常さには当の父と母こそが苛立っていたにちがいないが、私にとっては不可避的に与えられた条件だったので、諦めも自然に備わったのだろうか。今もってその心性は私のなかに引きずられていながらも、うまく客観化できないでいるものだ。
  ともかくも、そういうものが私に備わった「自然」であった。子供なりに毒舌を口にしたし、遊びで秀でたジャンルがあるのでもなかったから、私は同年配の子供から見ると魅力はなく、逆に一緒にいることが苦痛に感じられる性格であったのだろう。例の「不調和」が相手の子供に本能的に嗅ぎとられて変な奴と思われもしただろう。長続きした遊び友だちはできなかった。こういうことだから自分を救うのは自分しかいない、自信を持たせるのも自分しかいない、という風に心的脱出路を見いだすしかなく、青年期にかけてナルシズム的傾向が身についていった。このナルシズムにおいては私は馬鹿に楽観的であったが、その楽観性は、母ではなく父の方の影響を受けたと考えられる。このナルシズムによって、私は人との親睦感の欠如という引け目から逃れられると甘く目論んだのである。
  尻切れとんぼになるが、稿をあらためてまた書いてみたい。

関連記事
スポンサーサイト
    00:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/364-c5225e05
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク